1. TOP
  2. 在宅ワークの基礎知識<自宅でできる仕事・アルバイト>

在宅ワークの基礎知識<自宅でできる仕事・アルバイト>

仕事・バイト
この記事は約 7 分で読めます。 740 Views

在宅ワークとはテレワークの一形態能のことを言います。テレワークには、企業と雇用契約を結び、企業に所属したかたちで業務を行う「在宅勤務」と、企業との間に雇用関係がなく、複数企業から業務を受注する「SOHO」の二つがあります。

SOHOとは、Small Office/Home Officeの略で、一般的には、パソコンなどの通信機器を使用し、自宅などでビジネスを行っている事業者のことを指します。このSOHOのうち、主たる収入は別にあり、副収入として業務を行う形態を「在宅ワーク」と呼び、在宅ワークを行う人を「在宅ワーカー」と呼びます。

厚生労働省では「在宅ワークの適正な実地のためのガイドライン」を定めています。ガイドラインは一定の基準を定めるためのもので、法律ではありません。在宅ワークは委託業務というかたちをとっていますので、仕事についての賠償問題も含め、すべて自己責任になります。またインターネット上などでよくうたわれる文句として「好きなときに好きなだけ簡単なお仕事」というようなものがありますが、当然、仕事には納期があるため、完全に受注者の好きなようにできる、ということはありえません。

現在は中途半端な関わり方で仕事を委託し、途中になって投げ出してしまう、といった受注者側の問題も残念ながら増えてきています。「実際に業者とは顔を合わせることがないから」などという軽い気持ちでは仕事になりません。在宅ワークという業務形態をよく理解して、一事業者として責任をもって仕事に取り組みましょう。

在宅ワークのメリット

在宅ワークは新しい就労形態として大いに注目されていますが、具体的に在宅ワークをするメリットとはどういったものなのでしょう。

在宅ワークとは自宅で仕事をする就労形態ですので、企業に毎日出勤するのとは違い、電車などでの移動時間を短縮することができます。そのため家族とのコミュニケーションの時間が増えます。今まで家庭での子供の世話や介護などのためにまとまった時間がとれなかった方でも、自分の可能な範囲で時間を有効に使うことができます。また高齢者や障害者の方で、体力的な面で就労が難しかった方でも家にいながら働くことができます。企業側も就労者のために広いオフィスを構える必要がなくなりますので、大きなコスト削減につながります。

「育児や介護と仕事を両立できる」というのは画期的とも言える方法であり、多くの人が望んでいることです。例えば、育児休暇法など、育児や介護のための休暇が取りやすいように、と近年では法律面からも多くの改善がなされようとしていますが、実際にはうまく機能しているとは言えないようです。仕事の時間を自分の生活との兼ね合いの中で作ることができるのは、現代人にとって大きなメリットになるはずです。また自分のペースで自分のやれる範囲に合わせて仕事をし、やった分だけの報酬がきちんと払われることは、やりがいや達成感にもつながります。他には例えば人間関係の煩わしさや転勤など、実際の業務とは関係のないところでかかっていたストレスからも開放されます。

在宅ワークの探し方

在宅ワーくについて、自分の得意分野や目標などの具体的な方向性が定まったら、実際に企業を探してみましょう。在宅ワークも一般的な仕事と同じく、待っていても仕事はやってきません。自分で仕事を探し、求人募集に応募してみましょう。

まずは最初に資料請求をします。インターネットの求人情報や、新聞、折り込みチラシなどの求人広告でも良いでしょう。通常は無料ですので安心して資料を請求します。仕事の詳細はもちろん、その企業自体をよく知ることが重要です。そして自分にあった在宅ワークを見つけたなら、次は応募です。しっかりと募集要項を読んだ上で、応募をしてみましょう。応募をしただけで、すぐに「契約」ということにはなりませんから、ひとまず積極的に応募してみましょう。

実際の案件の前になんらかのテストがあったり、面接があったりする場合がありますが、それらを踏まえた上で、企業との仕事の話がまとまればいよいよ契約になります。契約書が企業から送られてくるか、もしくはウェブ上で確認するかたちになります。当然ですが、後々になってトラブルにならないようによく読んでおきましょう。

また例外ですが、仕事を得る方法の一つとして、「知人などからの紹介」 があります。これは少し意外に感じるかもしれませんが、よくあることです。地域の交流や、親戚とする、ごく普通の日常会話の中で、「最近こういう仕事を始めた」などと身近な人にアピールすることで、仕事の受注につながることはよくあります。在宅ワーカーは個人営業主なので、営業も自分でしっかり行わなくてはなりません。なにがどうつながるかはわかりませんから、負ける種はまいておくことをお勧めします。

在宅ワークのデメリット

在宅ワークはさまざまなメリットがあり、現代の新しい就労形態として期待されていますが、それでは逆にどんなデメリットがあるのでしょう。メリットとともにデメリットをしっかりと知ることで、より多角的な視点から在宅ワークについて知っておきましょう。

実際に在宅ワーカーの方からは、「仕事の確保が難しい」「単価が安い」などの問題点が挙げられています。パソコンでのデータ入力などは初心者であっても在宅ワーカーとして始めることができるので希望者が多く、労働力が安く設定されています。企業側としては人件費削減などの理由で、在宅ワーカーに業務を委託していますので、人件費を固定すること無く、社会保険の負担もなくてすむうえに、安く買いたたくことのできる在宅ワーカーは使い勝手がよく、まさに好都合です。そのため当然、仕事の単価が安く、企業からの仕事の発注も不定期になりますので、多くの在宅ワーカーがいかにして継続的な仕事を得ることができるか、という問題に悩まされています。

また不定期な発注ということは「収入が安定しない」ということですので、在宅ワーカーの「時間的自由度が高い」というメリットが裏目に出ていることになります。自由に時間を使える分、不定期な収入に悩まされたり、「人間関係の煩わしさから開放される」というメリットの反面、「最初から最後まですべての業務を一人で行わなくてはならない」または「忙しすぎる」「責任が重すぎる」などの不満を感じている在宅ワーカーも多いようです。

在宅ワークを始める前に

在宅ワークをやってみようと思い立ってはみたものの、何から始めれば良いのか、見当もつかないという方もいらっしゃいます。また始めてみたいけれど、スキルや資格のことで不安を感じている方もいらっしゃると思います。しかし在宅ワークと一口に言っても、事業内容は様々にありますので、きっと自分に合った仕事が見つかるはずです。

在宅ワーカーたちは主に副業として空いた時間を有効に使っています。副業ですので、それほど難しい仕事を要求されることも少ないですから、安心して始めてほしいのですが、それでも人それぞれには向き不向きがあります。副業と言いながら、自分に合わない仕事を選んでしまったために、自らの生活に悪影響を及ぼすような過酷な状況にならないとも限りません。そんなことにならないためにも、事前にしっかりと自分が何をしたいか、そして自分に何ができるかを確認しておきましょう。

まずは自分がなんのために在宅ワークをするかを考えてみましょう。当然、「お金が欲しい」というのも立派な理由ですが、自分の現状と照らし合わせながら考えてみましょう。例えば「育児で家を離れることができない」「体力的に外へ出られない」「介護が大変」などさまざまな状況があると思います。そして自分に何ができるかを考えてみましょう。「パソコンが使える」「文章を書くのが好き」「英語が堪能」「タイピングが得意」などでも良いでしょう。

それらを組み合わせて、どのような仕事が向いているのかを考えてみましょう。なんとなく収入のことだけを考えているだけであったり、「インターネットが好き」などのあいまいな理由だと、必ずしっぺ返しを食うことになりますし、それが業務の不執行になると社会的な信用度も落ちてしまいます。具体的に現実的に可能な範囲で、何ができるのかを考えてみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

We Areの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

We Areの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Editor

Editor

この人が書いた記事  記事一覧

  • 夏休みの短期アルバイト選びで失敗しないためには

  • 今年の夏こそガッチリ取り組みたい家庭の節電対策

  • 節電対策をまとめてみました。

  • 節電対策にとても有効な便利グッズ

関連記事

  • 女子学生が引越しアルバイトに挑戦!その結果ははたして?

  • 【もうバイト先は決まった?】稼ぎ時の冬のイベント短期アルバイトのまとめ

  • アルバイトで気になる税金のこと~本当のところはいったいどうなるの?

  • レスポンシブWEBデザインとは

  • 在宅ワークの注意点をチェックしないと痛い目に遭うかもしれませんよ

  • アルバイトの健康保険、労災・雇用保険と控除などについて解説