1. TOP
  2. ファミリーの収納術

ファミリーの収納術

暮らしと生活
この記事は約 8 分で読めます。 338 Views
収納術

幸せ体質になるための整理術とか、幸運を呼び込む収納術などのノウハウが盛んに紹介されています。

ただ一食懸命に片づけるのではなく、モチベーションを上げながらお片付けをするには、そんなボジティブな考えも欲しいですよね。

実際にそのように願って行えば、不思議と良い運気を呼ぶものです。

幸運アップの衣類の収納

「クローゼットは幸運の貯金箱」とも呼ばれていますが、ファミリーの収納で一番大変なのは衣類ではないでしょうか。ましてや日本には四季があって、それに合わせて多様な衣類がありますから、したがって、家族の衣類もそれなりに量も多くなってくることでしょう。しかし、物を溜めこむことで運気も停滞するといいます。必要のない衣類を捨てることでクローゼットの中をスッキリとさせて、良い運気を呼び込みましょう。

日常の衣類の収納にはハンガー収納と、たたんでの収納がありますが、どちらも一長一短がありますから、衣類に合わせて使う必要があります。ハンガー収納はたたまなくても、そのままかければいいので楽ですし、たたむのと違ってしわにならずに済みますが、セーターなどはかけたままにしておくと、型崩れを起こすのでたたんでの収納をお勧めします。

よく、クリーニング店のビニールがかけられたままクロ―ゼットや、洋服ダンスにかけてあるお宅もありますが、湿気がこもらないように外して収納することをお勧めします。かけて収納する箪笥の他にたたんで収納する引き出しや、あるいは収納ボックスが必要です。アルパカやカシミヤなどの毛織物や、Tシャツなどもハンガーに吊るしておくと、ハンガーの型がついてしまうものなどは、たたんでおいた方がキレイに着られます。

靴下などの小物は乱雑になりやすいので、引き出しの中を区切って使うことをお勧めします。スカーフなどはしわになりやすいので、筒のようなものに巻いて収納することをお勧めします。衣類の収納が一番大変だと思いますが、家族のために頑張ってください。

忙しくても片付く収納術

「忙しいから片付けられない」それはどうやら言い訳のようですし、上手な収納法が分からないからと言えそうです。共働きで忙しくても、さらに小さいお子さんをお持ちの共働きのママだって、家の中をとってもキレイに片付けている人の共通点は「無駄なものがない」、「無駄な動きがない」、そして「収納スペース確率している」と言えると思います。

あるお料理好きの共働きの奥さんは、忙しくても食事の手を抜きません。そのため食器は食器棚にして見えやすくして、好きな食器がすぐに取り出せるようにしてありますし、使わない食器は思い切って捨てて、常にスッキリとした食器棚になっています。

リビング小物の多さには困りますよね。ティッシュに爪切り、リモコンなどなど、家族が使ったものを全て主婦が片付けていてはたまりません。リビングには小物収納ボックスを置き、それぞれに入れる品物の名前を書いて、家族にもどこにしまうか分かるようにしておきます。家族にも協力してもらって、使ったものはそれぞれに必ず元のボックスにしまってもらうようにします。

収納場所がしっかりしていればこそ、きちんとしまってくれますから、掃除機をかけるにもすぐかけられます。ほんのちょっとしたひと手間のおかげで、忙しい主婦の手間がだいぶ省けます。

リビングの小物入れには、リビング小物用ワゴンというのも売られていますし、同じ大きさのバスケットや、同じサイズの箱をスッキリ並べるとか、壁にかけて使うウオールポケットの中に、それぞれの小物を収納すると便利です。

劇的に片付く壁面収納

ファミリーの収納術は、やはり収納スペースがしっかり確保されていてこそ、お片付けも成功すると思います。そんな収納ですごい収納家具があります。「劇的に片付く壁面収納」というのがそれですが、劇的に片付くという表現も決してオーバーでないと思われる便利さです。

リビングに合わせた壁面収納というと、多くはリフォームをするようになりますが、リフォームはなにかと高くつきますが、この壁面収納は注文をしてから製造をするオーダーメイドなので、高さも幅も1cm単位でぴったりと作ってくれます。部屋の壁の梁があってもきちんと合わせて作ってもらえますから、見た目もスッキリしています。現時点では最高に進化していると言われているこの壁面収納家具は、埼玉に本社を置く、「インテリアオフィスワン」の製品です。

この壁面収納家具の嬉しいのは、ホワイトもあれば、ダーク調の木目や明るい木目などがあり、お部屋が高級感で満たされ、リフォームではないのにお部屋をリフォームしたような感じになれます。テレビも壁面収納の中に納まりますし、扉がありますからリビング小物が埃になるようなこともありません。

何と言っても、お部屋のお掃除の大変さが大幅に軽減されることです。色々なものをどかして掃除機をかける面倒さもなく、部屋のサイドボードなどの上の飾り物の埃をとったり、飾り物をどけて雑巾をかけたりなどという手間暇がいりません。ワンタッチでお掃除ができるので、「劇的に片付く壁面収納」と言っても過言ではないと思います。スッキリと片付いたリビングで、気持ち良く毎日を暮らすために検討してみてはいかがでしょうか。

片付けられない人のために

片付けられないのは病気とも言われています。納戸片付けても、ゴミが山のようになってしまうのは。明らかに障害なのです。脳に何らかの問題があるといいます。でも、障害でなくても片付けられない人もいて、病気なのかズボラなのか、その境界線は難しいと言います。

私も過去お片付けが出来なくて、なんとかキレイな部屋にしたい、なんとかお掃除上手になりたいと、お掃除のノウハウの本を買ってきて、散らかった部屋のなかでその本を寝そべって読んでいたという、どうしようもない時期もありました。^^;

しかし、脳に何らかの異常があって片付けられないのではなく、ほとんどはやる気を出せば何とか片付けられるのですから、お片付けができやすいように工夫してみることをお勧めします。

また、リビングが一応は片付いているのにもかかわらず、なんとなく雑然とした感じが抜けないなどというときがあります。すっきりとしたリビングに見せるにはコツがあるといいます。そのコツのひとつは、「色を統一する」ということです。家具や小物、絨毯などを同じ系統の色に統一するだけで、見た目スッキリと映ります。

そして、大事なのは物を減らすことです。部屋に物がありすぎると、どんなに片づけたところでスッキリとは感じられません。リビングに置くものは必要最低限のものにします。そうすることでお片付けも簡単になりますし、お掃除も楽になります。楽にできるとなればお掃除もやる気になるというものです。お試しください!

便利な収納家具

便利な収納家具で一番にあげられるのがクローゼットです。クローゼットは色々入れるのに便利ですが、不必要なものを溜めこまないようにしましょう。不必要なものは捨てるだけでもスッキリとしたクローゼットになります。

転勤族のあるお宅では、10,500円の安いクローゼットハンガーを使っています。衣類が増えていっても困らない伸縮式なので便利です。簡単なクローゼットなのに棚までも付いているという便利さです。そして、何と言っても引越の時はかさばる荷物にならないので助かります。

そして、そのお宅では壁面ロッカーを使っていますが、壁に合わせて自在に組み合わせが出来るものです。これも引越のたびにたたんで引越します。組み立てるにも1時間もかからない手軽さといいますが、プロなら一時間で出来ても、素人の場合はとても1時間では出来そうもないとも聞いています。

奥行があるので、収納に邪魔になりがちな掃除機までしまえるという便利さです。引き出しあり、スライド棚あり、そして上部には突っ張り棒もあって、限りなく無駄のナイスペースになっているので、収納力も抜群なので部屋の中も片付きます。

色々な収納家具が売られていますが、いくつもの家具を置いて、雑然とした雰囲気になってしまうより、壁面ロッカーは収納できる量も多いですし、色々な大きさの物が楽々できるという、大きなメリットがあります。なんでもかんでも、ほとんどのものが壁面ロッカーに収まってしまうので、部屋の中の片付き方が違いますからお勧めです。

リビング収納10のポイント

家の中でも、最もスッキリさせておきたいのはリビングですよね。リビングは家族みんなが集まる場所ですから、落ち着いた雰囲気の中でくつろいだり、また、お客様がくれば、客間があるお宅は別として、リビングにお通しします。そんなとき雑然とした部屋だったら恥ずかしいですよね。素敵なリビングにするために、次の10のポイントをチエックしてみてください。

【ポイント1:必要な物だけを置く】

【ポイント2:お花や観葉植物を置く。これをすることで、お客様の目がそちらに奪われやすい】

【ポイント3:空間も作っておく。無理をしても空間を作っておくことでリビングの中をスッキリと感じさせます。】

【ポイント4:圧迫感のある家具は置かない。背の高い家具なども圧迫感を感じやすいものです。】

【5:カーテン他、絨毯などの色を同一系色の色で統一する】

【ポイント6:子供のおもちゃなどは1ヵ所にまとめておく】

【ポイント7:ラックやカラーボックスなど、小さなカーテンなどを作って、中のものが見えないように隠す。中の雑然としたものが見えずにすっきりします】

【ポイント8:リビング雑貨などの小物入れの引き出しには、家族の人、誰にも分かるように入れるものの名前を書いて貼っておく】

【ポイント9:個人のものはリビングに置かずにそれぞれの部屋に持って行く】

【ポイント10:飾り物は季節ごとに入れ替えて新鮮さと季節感を表現する】

などに気を付けて、家族みんなが落ちつける素敵なリビング&客間にしてください。

問題になるのは小さな子のおもちゃですが、あまりおもちゃがありすぎると片付けるのも大変なので一部だけ出して、後はしまっておきます。

そして、久しぶりにしまっておいたおもちゃを出すと、子供は新鮮なので喜んでくれると言っていたママがいました。良い方法ですね。

\ SNSでシェアしよう! /

We Areの注目記事を受け取ろう

収納術

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

We Areの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Editor

Editor

この人が書いた記事  記事一覧

  • 夏休みの短期アルバイト選びで失敗しないためには

  • 今年の夏こそガッチリ取り組みたい家庭の節電対策

  • 節電対策をまとめてみました。

  • 節電対策にとても有効な便利グッズ

関連記事

  • 快適な一人暮らしをするために覚えておきたい

  • エアコンの節電対策

  • 幸運を呼ぶインテリア

  • 収納の目的は「毎日をスッキリ爽やかに暮らす」ため。むやみに収納家具を増やしてもダメな理由とは?

  • 一人暮らしの収納術

  • 引越しまでのスケジュールを確認して準備を進めましょう