1. TOP
  2. 単身引越しを安く済ますには

単身引越しを安く済ますには

 2016/05/01 暮らしと生活
この記事は約 9 分で読めます。 490 Views

ひとり暮らしだから引越し荷物も少ないし簡単に終わるだろう!、引越し経験の少ない人ほど、こんな風に簡単に考える人が多いものです。ですが荷造りをしてから気が付くんです。「無いと思っていた荷物がこんなにあるなんて!!」

いざ引越しとなった時に、単身だからと軽く考えていて大失敗をしてしまう人はとても多いのです。

単身引越しだから⇒単身パックを頼めばイイや、なんてお気楽に考えていたら荷物が収まりきらず、専用ボックスが数個も余分に必要になり、料金も2倍、3倍になってしまった・・・なんて人も(私の身内です^^;)。

単身引越しは荷物量と距離と手間で決まります!

これから単身引越しを予定しているあなたの場合は以下のうち、どのようなケースになりますか?しっかりと確認して最適な単身引越しを行いましょう。

単身で近距離の引っ越しのとき

Handyman - Transportation

市内引越しで荷物が少ない場合

はじめての一人暮らしを行う方で、近距離で引越し荷物がとても少ないという時は、自力での荷物運搬が当然ならが一番お金の掛からない方法ですよね。家族に手伝ってもらえる方はお願いしてみましょう!。自家用車で、車の無い方はレンタカーを借りて行っても良いですし、あるいは宅急便で荷物を送るという発想もありますよ。

市内引越しで荷物が多い場合

軽トラックをレンタルして家族や友人に手伝ってもらうのが従来の方法でしたが、最近は業者の料金が安くなってきています。知人にお手伝いを頼むと、普通の人ならお礼をしますよね。食事をご馳走したりするのが一般的ですが、これが意外に業者に頼むよりもお金が掛かってしまうということもあります。

また他人にお願いすると気を遣って疲れてしまうという人も多いので、費用的にそれほど変わらないのであれば業者に頼むのも良い選択かもしれません。

赤帽を利用する

単身引越しの定番といえば赤帽を利用することです。赤帽の軽トラックを見掛けたことが一度はあると思いますが、そう大きなトラックではありませんのでたくさんの荷物を一度に運ぶことはできません。料金は時間で課金されますので区内や市内の引越しであれば何度か往復してもらうことも可能です。

赤帽のデメリットとして覚えておいてほしいのは、あくまで運送業者であるということです。引越し作業のプロではありませんので、なんでもやってくれるわけではありません。少なくとも荷造りは自分ですべて行うことはもちろん、荷物の運搬についても赤帽さんがあなたを手伝ってもらうというようなスタンスになります。黙ってみていて引越しが出来るサービスではありませんのでこの点はよく覚えておいてください。

引越し専門業者を利用する

一人暮らしをしている方であれば、それなりの生活材、家電や家具、本や衣類があると思います。そのような場合はやはり引越し専門業者を利用するのが通常でしょう。

各引っ越し業者には単身引越し用の単身パックやプランなどを用意していますので思っているほどの高額にはならないケースがほとんどです(もちろん、あなたの荷物状況や住居状況によって異なります)。

どのくらいの費用が掛かるのか?

これは見積もり一括サービスといわれる、無料で使えるサービスがありますので利用することをオススメします。一度にたくさんの業者の見積もりが貰えますので、見比べてみましょう。これを行うことで費用が半分くらいの業者が見つかることもありますからね!

利用はタダ!一気にサカイやアートの大手はもちろん、良心的中小業者の見積もりが取れます!

私の実際の単身引越し体験をご紹介します♪

単身で県外など長距離の引っ越しのとき

track

長距離で荷物が少ない場合

荷物が極めて少ない場合は宅急便・宅配便などで数個の荷を送るのが一番安いのではないかと思います。

もちろんそれでは済まない荷物量の方がほとんどでしょうから、その場合は引っ越し業者の単身パック・プランを利用するのが一般的です。

長距離で荷物が多い場合

もちろん大型トラックを借りて自力で引越す!ような気合の入った人も世の中にはいるにはいますが、そういった方は時間もあり一大イベントとして楽しんじゃう♪という、かなりなマニアックな部類の方かもしれません。引越し専門業者を利用する方がほとんどとなります。

言うまでもなく、荷物量が多くてしかも長距離の引越しというのは、最も費用が掛かるケースとなりますので、どのくらいの料金となるのはシビアに各業者の見積もりを比較するのは必須となります!

以外に知られていないことですが、高い業者と安い業者の差は時には凄まじい開きがあります。倍以上違うなんていうのは日常茶飯事のこと。とにかくシビアに比べてみましょう!

単身パックを徹底比較【一人暮らしの引越しに便利なのはどれ?】

単身パック以外のサービスも比較してみる

単身での引越しを行うための手段といえば、様々なものが思い浮かぶのではないでしょうか。通常の引越し業者を利用することはもちろん、単身などの比較的小規模の引越しを行うのであれば、赤帽のような小規模の引越しに特化したサービスが引越し業者以外の手で行われていることもあるほか、業者の力を借りずに自力での引越しを行うことも可能な範囲となります。

しかし、最も確実に引越しを行うのであれば、やはり専門の引越し業者に引越し作業を依頼することが、最も確実であることに変わりはありません。

特に、専門の引越し業者の中には単身者のための単身パックというコースを要しているところも多く、確実に引越しを完遂するためには、非常に優れた手段となることに間違いはありません。しかし、単身引越しとは言っても人によって様々な条件が存在しているため、必ずしも単身パックが有効な手段になるとは言い切れません。

単身引越しパックは一定の荷物量しか運ぶことができないサービスであるため、単身者とはいえ荷物が多くなってしまう人には、利用することで荷物を運びきれないということもあります。そういったこともあるため、事前に依頼をする単身引越しパックでどれくらいの規模の荷物を運ぶことができるようになっているのかを知ることが大切になります。

また、荷物の状況をその都度業者に伝えることも、非常に大変な作業になってしまうことは言うまでもありません。事前に情報を得ることができると、共に引越し単身パックの内容量などを比較することができる方法として、一括見積もりサイトを有効に活用していくことが、より良い引越しを行うためには欠かせない要素となります。

単身引越しを安く済ますには、どうする?
憧れの一人暮らしを始める、就職が決まってイザ新天地へ、寂しくなるけど単身赴任、、、単身の引越しには様々な人間模様がありますよね。そして引越しも「人」が大きく関わる作業のために業者によっていろいろなのです。3月や4月上旬の引越しではアルバイトスタッフが多数を占めるために、なかなかすべてに行き届いた作業を望むのは難しいかもしれません。もし時間的余裕があるなら時期をずらしてください。安さでも暇な時期に引越すのが好ましいですから。

私の実際の単身引越し体験をご紹介します♪

単身引越し料金の目安を知る【より低価格で行うには】

単身での引越しを行う際には家族での引っ越しのときのように、引越し業者の大型トラックを使用しなくてはならないということはなく、軽トラックほどの荷物を運搬することができるような方法があれば、比較的可能になる部分が多いものです。

その為、いかに安い金額で引越しを行うことができるのかを検証するための余地が非常に多く存在しており、様々な方法を検証することが、より良い条件での単身引越しを実現するためには欠かせない要素であることに間違いはありません。

低価格での引越しを実現するために欠かせない要素としては、まずその規模の引越しを行うための目安として、どれくらいの金額になるのかを知らなくてはいけません。引越し料金を決定する最も大きな要素は、どれくらいの荷物を運ぶのかと、どれくらいの距離を移動するのかの2点に集約されることになります。

その他にも、引越しを行う時期や、曜日などのような様々な要素によって最終的な引越し料金が決定されることになりますが、その料金が、他の業者の金額などと比較してどれくらい安いのか、の目安を知ることによって、より安い料金での引越しを実現することにもつながります。様々な事例を比較するためには、最初に基準となる目安を知っておくことは非常に重要な意味を持っています。

単身引越しに掛かる費用の目安を知るためには、インターネットで展開されている一括見積もりサイトを利用することが、最も有効な手段であるとされ、多くの人が一括見積もりサイトでの引越し業者選びを検証しており、引越し業者を決めるためには欠かせない要素の一つとして考えられるようになりました。

必要なものを厳選する【より低価格で行うには】

引越し業者が引越しにかかる代金を決定する要素といえば、どれくらいの量の荷物を運ぶことになるのかと、どれくらいの距離を移動するかの2点が最も大きな要素になります。

その為、これらをどのように調節していくかによって、低価格な引越しが実現することになるのはいうまでもありません。これらの要素を自分でいかに調節していくかによって、引越しの料金をより安いものにすることが可能になります。特に自分で調節のしやすい要素となるのは、引越しの際に持っていく荷物を厳選し、できる限り少なくするということです。

住居を今のところからなるべく近い位置にするとしても、目的地が先に決定してしまっている以上、料金に直接影響するような大規模な料金変更は不可能と見て間違いは無いでしょう。

まずは、旧居と新居の間取りを比較し、旧居で使用していた家具などが新居でも使用可能かどうかを検証するところから始めます。新居で使用することが困難であると判断される家具や家電は、当然のことながら引越しが行われる前に処分してしまうことが必要になります。知人に必要としている人がいれば進んで譲渡することが望ましいほか、近年では様々なところでリサイクルショップが運営されているのを見かけます。

そういったリサイクルショップを利用することによって、いらないものを処分することができるのと同時に、引越しのための資金を得ることもできるなど、リサイクルショップを利用するメリットは非常に大きなものとなります。

新居での生活をしっかりとしか形でイメージし、今もっているものの中から使えそうなものを厳選することが、より良い引越しを行うための絶対条件なのです。

単身パックを徹底比較【一人暮らしの引越しに便利なのはどれ?】

\ SNSでシェアしよう! /

We Areの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

We Areの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Editor

Editor

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【ズボラの人、注意!】エアコンの掃除をせずほったらかした結果、待ち受けるリスクは?

  • デッドスペースを利用した収納術

  • 幸運を呼ぶインテリア

  • 五感を働かす猛暑対策

関連記事

  • 単身赴任の引っ越しで注意するべきこととは?

  • 一万円台、一万円以下の引越しも不可能じゃない!?赤帽での引越し

  • 収納術の基本は「物を減らす」「収納をしっかり確保する」の2本柱です

  • お葬式の費用はどのくらい?

  • お葬式の流れはどのようになるの?~葬儀社への連絡から告別式まで

  • 妊婦さん、赤ちゃんや小さい子どものいる女性が苦労なく引越しをするには?