1. TOP
  2. 近年とても増えているいろいろなお葬式の形態について

近年とても増えているいろいろなお葬式の形態について

暮らしと生活
この記事は約 19 分で読めます。 580 Views

古くのしきたりとは外れていろいろなお葬式や葬儀の形態が増えています。はじめて生前葬というのは聞いた時には驚いたものですが、今では当たり前のような感覚になってしまっています。

スポンサードリンク

家族葬

家族葬とは、遺族や近親者、ごく近しい友人・知人のみで行う葬儀のことをいいます。

同席した故人関係者のみで、そのまま火葬場まで共に行きます。儀礼的な弔問は受けず、ごくごく内々で行う葬儀です。特徴としましては、通夜と告別式といったセレモニーを少数で行い、本葬式は行わない若しくは家族葬自体が本葬式となります。日本の場合の葬儀は地域共同体により葬式を執り行われてきました。しかし昨今では都市化が進み、地域共同体の繋がりも薄くなり葬儀自体が縮小・小規模な内容で個人化してきました。この様な状況化で生まれた葬式の形態の1つが「家族葬」として出てきたのも頷けるのではないでしょうか。

家族葬とは、葬儀社が1つのマーケティング戦略として作った事が始まりとされています。小さな家族内での葬式と言う事で、家族葬といたネーミングになったと言われております。昨今では、家族や親戚又それらの近しい知人・友人を中心とした葬儀の意味で使われるようになりました。宗教的な形態ではないのでご注意下さい。家族を中心とした葬儀で、小規模で行われるものを便宜的に家族葬と名付けただけの物ですので、普通の葬式の縮小版と考えれば良いのかと思います。

家族葬を行うにあたりメリット・デメリットが存在致します。まず第一のメリットは葬儀費用を抑えらるという事です。小規模で行うものですので、料理や返礼品などのおもてなしが少なくて済みます。そのため費用を抑える事が出来るのです。斎場のサイズも小規模で間に合いますので、その点でも料金的にはやさしいのかもしれません。それから、静かに故人を見送る事ができます。気が置けない間柄での葬儀になりますので、その点でもメリットとなるのではないでしょうか。

デメリットも存在致します。家族葬に呼ばない親族関係に報告の必要性がでてきます。故人の事を大切に考えてくれている人がご家族以外にも存在するはずです。家族葬で慎ましやかに送ることで、故人の事を待っている方に連絡しないのでは、その人の気持ちがいたたまれません。その場合、返礼品などをご用意戴き、そのような境遇の方に渡されるのも良いのではないでしょか。

直葬

直葬とは、葬儀をせずに火葬のみの事です。これまでは、人が亡くなりますと、死亡から通夜、葬儀・告別式、最後に火葬といった流れで故人を偲んできました。これに対し直葬では、死亡から火葬と行った簡易的な流れとなり、途中の儀礼や儀式を取り除いて故人を送る形態になります。葬儀社の中には直葬のみの依頼を引き受けない所もあります。直葬の葬儀費用は20万円を下回る事がほとんどとなり、利益が見込めないと言う理由で葬儀社は引き受けない事が多く見受けられます。

菩提寺を持っている方は、菩提寺に相談をせず直葬する事はやめたほうが良いとされています。お寺は宗教的な儀式を行い、故人を送りたいと考えています。その為、宗教的な儀式を省く直葬では、菩提寺に一報をいれてから執り行うことにしましょう。

直葬は病院で亡くなった場合に、直接火葬場へ搬送する訳ではないのです。多くの病院はご遺体を長期間安置しておくことが不可能です。そのため、一度どこかに安置しておく必要があります。ご自宅であったり、斎場の安置スペースであったりします。そこで火葬が出来るまでの24時間安置いたします。

直葬の費用は10万円から25万円程度になります。直葬で最小限必要な物は、棺・ドライアイス・寝台車・霊柩車・お別れ用の花・収骨容器などになります。それから、人件費になります。一番簡単な葬儀であっても、ご遺体を火葬し見送るまでの間に複数の人が葬儀に関わってきますので、その方達への心付けの意味も含めての人件費がかかります。
直葬にするとしても一本道の儀式ではなく、様々なオプションが受けられる葬儀社も存在致します。故人が火葬場へ出棺する時に親族が集まり見送る事もできますし、火葬場で読経をあげられる方もいます。ただ、オプションですので料金が発生する場合がありますので、葬儀社にご確認下さい。

国・市民・区民葬

国葬とは葬儀の一種で、国家(日本国)に功労のあった人の死去に際し、国家の儀式として国費を持って行われる葬儀のことです。その際の経費は国庫から支払われます。今までに日本内で国葬として葬儀を行われてきた人は、政治家や軍人、皇族が多く見受けられます。

最近ですと内閣総理大臣の宮澤喜一さんや小渕恵三さんなどが記憶に新しいのではないでしょうか。国葬で葬儀を行いたい場合は、エリートであることが絶対条件でしょう。日本にはエリートがないと言われておりますが、非常にごく一部では存在しているのかもしれません。

市民葬とは、各自治体が葬儀社と協力し合って行う葬儀のことです。一般的に葬儀の基本となる部分を各自治体が低価格で提供してくれるサービスのことです。市民葬を利用して葬儀をするには、その地域に住んでいる事が絶対条件となります。ですが、収入に関しては制限がありません。仮に低所得者でも市民葬を行っている地域に住んでいるのであるのなら、そのサービスが受けられると言う事です。市民葬は自治体から指定された葬儀社を使うことが義務づけられ、葬儀の場所は公共施設(公民館等)を使う事が一般的です。

区民葬も、市民葬と同じような条件ですが地域が異なります。区民葬は東京23区、他区にお住まいの人のみのサービスとなります。その他、区民葬は行政からの補助金が出る訳ではありません。区民葬が低価格なのは、受けられるサービスが限定されているためです。区民葬とは古くからある制度で、故人を縁とする人達の手で葬儀が行われていた時代のものです。その頃の葬儀社は物品以外のサービスを提供していませんでした。その頃の名残で、提供されるサービスが少なくなりますが、人的サービス費を最低限で抑える事が出来るのが、この区民葬となります。

密葬

密葬とは、故人の遺族や親族、ごく近しい友人・知人のみで小規模に行われる葬儀のことです。年末年始にご家族が亡くなった場合やゴールデンウィーク中に亡くなった場合など、とりあえず家族内で密葬を住ませ、後に本葬儀をする場合があります。また、後に社葬が行われる予定があり、その前に内輪での葬儀を住ませておくなどの場合を密葬と呼びます。

本来の意味での密葬は、有名人や著名人などが死去した際に、家族葬や一般葬をしてしまうと自宅周辺などがファンや報道関係者で埋め尽くされ、混乱してしまいますので、それらの状況を避ける為に親類縁者のごく親しい間柄のみで、密やかに執り行う葬儀の事を言います。詰まるところ、密葬とは本葬儀や社葬などを前提にした葬儀であり、本葬儀などを行わない場合は密葬と呼ばず、家族葬や直葬などになります。

密葬は、通夜も葬式も儀礼的なことは一切省き、市区町村役場で火葬許可証を発行してもらい火葬出来るまでの24時間を故人の弔いにあてることです。その間に宗教的な儀式を挟む場合もあります。実際、家族葬と似ているのですが、密葬の場合はこの葬儀に加えて本葬式を執り行うもののことを言います。本葬式とは、告別式の独立形態のことであったり、社葬のことであったりします。

死亡をしたら、新聞の「死亡記事」に載せる事が一般的なのですが、密葬は秘密裏に行われる事が前提ですので、死亡通知は一切執り行わないようにします。
密葬の費用は、15万円~25万円程度と言われております。後に本葬儀が控えておりますので、費用を抑えたい所です。密葬では、棺・骨壺・別れ花・納棺・搬送費・ドライアイスなどがパックとなり葬儀社で用意されている所もあります。

生前葬

生前葬とは、存命の内に自分から葬儀を行うことです。自らの意識があるうちに縁のある人やお世話になった人を招いてお別れとお礼をすることです。また、自分が行いたい葬儀を自分自身で執り行えます。故人になる以前に記しておいた遺書通りの葬儀を残した家族がちゃんと執り行ってくれるか不安な所です。ですので、自らプロデュースし後悔が無くあの世に行きたいと考えるのも人情なのではないでしょうか。この世に生あるものは死が絶対訪れますので、生きている内に済ませておくのも良い方法だと思います。

生前葬の形式は、カラオケ大会や立食パーティーといったものから、音楽会や写真のスライドショーや動画の映像などの凝った内容のものなど様々です。宗教的な儀式も行われることがあります。ですので、生前葬をする場合は、その葬儀の趣旨や宗教などをあらかじめ提示し、快く出席してもらえるような配慮が必要となります。

生前葬をする人の理由には、家族に葬儀の負担をなるべくかけたくない方や縁者に自ら別れの挨拶をして心置きなくあの世へと旅立ちたいなどです。生前葬には長寿儀礼の要素も含まれており、新たな人生へ生まれ変わることへの通過儀礼であり、過去の自分を客観的に見る為の儀式とも言えます。それから、迫りくる死への概念や自覚を持つことのきっかけともなるかも知れません。

生前葬を行った後でご逝去されました際には、親族関係者には一報するのみで、残されたご家族中心の密葬となることが多いです。生前葬は様々な有名人や著名人が行っており、有名な所ではビートたけしさんも執り行っております。有名人や著名人が生前葬で死の概念を世間に晒すのも、気付くきっかけになるかもしれませんから、良いイベントなのではないでしょうか。

福祉葬

福祉葬とは、生活福祉補助を受けておられる方が、各市区町村に申告すれば葬祭補助が受けられると言う制度です。生活福祉補助とは、主に生活保護を受けている方を対象としています。生活費とは、国の定めた最低生活費に満たない場合、最低生活費から収入を差し引いた差額を保護費として受けられる制度です。地域で異なりますが、受給額は食費・光熱費などを負担する生活扶助が基本となります。

福祉葬は各地域により支給額が異なります。それは上記の理由で、最低生活費が低くても生活できる地域と低いと生活が出来ない地域があります。国は最低生活費に満たない場合のみ生活費を支給します。差額が生活補助の対象となり、その中から福祉葬の費用も出されているからです。

福祉葬は、死体の運搬費・火葬または埋葬費用・納骨などに葬祭扶助が行われます。おおよその費用は20万円程度支給されます。ただ、自治体の裁量でもっと高額を支給してくれる所もあります。

その逆もまた然りです。住職の読経代などは含まれませんが、ボランティアで読経をしてくれるお寺又は住職もいるようです。国が支援する葬式ですので、国がある宗教を進めてくるのは、宗教の自由などに違反するため、宗教的な儀式は扶助の対象外とされます。どうしても読経を読んで頂きたいのであるのならば、福祉ボランティア活動をされている住職などを探し当てるしかありません。

もし読経料を払える資金をお持ちの方は、福祉葬自体が受ける事が出来なくなる場合があるからです。福祉葬の資金を提供してくれる「福祉事務所」は専門の葬儀会館などを所持している訳ではありませんので、葬儀社の協力を得て葬儀を行います。

社葬

社葬とは、会社が葬儀を執り行ってくれることを言います。故人の生前の業績を讃えるべく、会社として葬儀を執り行う事です。会社の役員や重役・重要な役割を果たした社員などに行われます。社葬は一般的な葬儀と比べると弔問客も多く、規模の大きい葬儀になる事が多いのです。

故人への哀悼・慰安という目的以外でも、企業全体としての意義あるイベントとも言えます。そのため社葬をすることになった場合、企業全体が葬儀の準備に取りかかる所もあります。その時は企業全体が1つにまとまり、良い意味で士気が上がる傾向があるようです。

社葬は、葬儀運営の主体が企業にあり、企業側の経費で葬儀が執り行われます。一般的な個人葬では、弔問を受ける主催者である喪主と、葬儀の必要負担・運営責任者である施主が同一である事がほとんどですが、社葬の場合は、喪主を遺族の代表の方が勤め、施主を企業側が勤めると言った形になります。それから葬儀委員長は企業側の代表者が勤める事が多いです。

葬儀委員長は、葬儀の最高責任者という思い責任を任され、葬儀に関しては喪主よりも立場が強くなります。葬儀委員長は親戚や遺族からではなく、会社の上司や町内会の代表者が勤める事がほとんどになります。社葬の場合は通常社長が勤めます。

もし、社長がお亡くなりになった場合は、次期社長のポストに就く方が葬儀委員長を勤める事がほとんどになります。葬儀委員長の仕事は、会計・受付・進行・式場管理・道案内までと多義に渡り活躍し、葬儀進行の全てに関わることになります。その中でも特に重要な仕事は、挨拶・弔辞の言葉です。挨拶の例文はインターネット等で検索してもらえば何例も出てきますので、ご参照下さい。

自由葬とは

自由葬は、無宗教葬儀やプロデュース葬とも呼ばれています。特定の宗教に捉われない葬儀をすることで、葬式の場に僧侶や神官などの宗教者を招かずに、自由な形式で行います。自由葬は特に決まった形式はありませんが、多くの場合は仏式葬儀や葬場祭(神葬祭)を参考にして行っているようです。自由葬が増加している背景については、宗教を持たない人が多くなったことや、お寺との付き合いがなくなったことなどが挙げられます。

他にも、故人が宗教者ではなく、故人に合った葬儀を行いたいという人や、形式化している葬儀に対する疑いの気持ちなどから自由葬を選ぶ人もいます。自由葬のメリットは、故人を送り出すのにふさわしい演出を自由に行えることです。たとえば、読経の代わりに故人の好きな音楽を流したり、献花の代わりに別のイベントを用意するなど、アイデアがあれば自由に何でも行えます。祭壇を飾る必要もなく、費用を抑えることも可能です。

一方、自由葬のデメリットとしては、自由な形式であるために、一般的な仏式葬儀以上に細かい打ち合わせが必要となります。また、葬儀後の弔い方が慣習として定まっていないので、仏教の四十九日に変わるものをどうするかなども、きちんと決める必要があります。

偲ぶ会とは

偲ぶ会とは、密葬や家族葬などで小規模に葬儀を済ませたあと、後日改めて故人の友人・知人を招待して行う宗教儀式の一つです。一般的には、故人が亡くなってから四十九日の前に行われる場合はお別れ会と呼ばれるのに対し、四十九日後に行う場合は偲ぶ会と呼ばれています。

しかし、偲ぶ会といっても開催形式は様々です。お別れ会のようにホテルやレストランを借りて、遺族や故人がお世話になった人々と会食したり、スピーチやビデオ観賞することもできますが、家族のみで行う偲ぶ会というのもありますし、社葬の一つとして行われる場合もあります。

さきほど、四十九日後に行うことを偲ぶ会と呼びぶといいましたが、明確な規定は存在しないので、お別れ会と偲ぶ会を同じ意味で用いることもあります。社葬などではよく、葬儀のあとに偲ぶ会を一緒に行うという場合があります。この場合は、宗教にこだわらない自由な形式で行う自由葬という扱いになるでしょう。

通常の葬儀の代わりに偲ぶ会を行うるなど、主催者は自由なスタイルで開くことができるのですが、その分参加者が戸惑わないようにしっかり確認しておく必要があります。

ホテル葬とは

ホテル葬とは、ホテルで行う葬儀のことです。一般的には、密葬や家族葬の後、社葬や偲ぶ会として主催し、遺骨、遺影を飾りながら、パーティー形式で行われます。

ホテル葬の場合は、遺体を安置する代わりに遺影を飾り、焼香の代わりに献花などが行われます。ホテル葬のメリットとしては、駅から近く、駐車場が充実しており収容人数が多いということ、車イスのトイレが完備されているなどバリアフリーの対応がなされていること、宿泊施設があることなど、参列者にとって利用しやすいということが挙げられます。

また、通常の葬儀とは違い形式が自由ですので、故人の好きだった音楽を流したり、好みのメニューを振る舞うなど、演出にこだわることもできます。以前は結婚式の場などハレの舞台として利用されていたホテルですが、最近では大手のホテルでも、焼香禁止などの条件付きでホテル葬を引き受けているところが多いです。ホテル葬は葬儀というより、お別れ会や偲ぶ会という面が強いので、パーティー形式で行うことも自然です。スタイルが自由な分、関係者たちは事前の打ち合わせをきちんと行う必要があります。

リビング葬とは

リビング葬とは、自宅のリビングのような専用式場を利用するお葬式のことです。宿泊施設付きなので、自宅のようにくつろいで故人とともに通夜を過ごせます。故人が亡くなってからずっと葬式の準備に追われていた遺族ですが、さらに告別式の進行や、故人がお世話になった参列者たちへの接客に追われてしまい、悲しみに浸る時間もありません。せめて通夜くらいは、故人とお別れできる十分な時間を、できることならゆったりとくつろげる空間で取りたいというのが多くの遺族の心情でしょう。

また、本来ならば、せっかく参列してくれた客人たちを自宅に招いて、故人との思い出話に浸りたいと考えている方も多いでしょう。リビング葬は、専用式場を自宅と同じように利用することができるので、遺族だけで丸一日過ごすこともできますし、他の人々をお招きすることも自由です。

また、いつでも弔問してもらえる時間として、ビジテーションタイムを設定することもできます。リビング葬では飲食サービスを利用できることも多いです。リビング葬を利用することで、故人とのお別れの時間をより一層充実させることができます。

別れの会とは

葬式を家族葬など限られた人数で執り行った場合、葬式に呼ばなかった故人の友人・知人などには死亡通知状を送ります。そしてその後で、故人の友人・知人たちへの感謝の気持ちを込めて、後日改めて会場を用意し、招待します。そのことを「お別れ会」といいます。

お別れ会は、通常の告別式に代わる葬儀であるといえるでしょう。ですから、お別れ会を主宰するのはほとんどの場合が遺族ですが、故人の友人が主宰者となってお別れの会を行う場合もあります。この場合は、逆に遺族を友人たちが招待する形となります。お別れの会は通常、故人が亡くなってから四十九日の納骨の前に行われます。お別れの会については、特に決まった形式や制限などはありませんが、ホテルやレストランを借りて会食形式で行われるのが一般的です。

ただし、ホテルやレストランによっては遺骨(骨壷)の持ち込みなど宗教的な儀式は断られる可能性もありますので、必ず事前に確認しましょう。会食は、立食形式も良いですが、出席者に年配の方が多い場合は椅子などの用意も必要です。出席者が故人の思い出を快適に語れる場を作ることが主催者の責務となります。

一日葬とは

一日葬は、通常、通夜から葬儀・告別式まで2日間以上かけて行われるセレモニーを、1日で行うことです。火葬当日に、故人の友人・知人が集まって告別式のみを行い、通夜は行いません。一日葬は、ワンデーセレモニーとも呼ばれ、近年、首都圏を中心に少しずつ広まっているようです。

一日葬のメリットは、葬儀が1日だけなので、遺族の身体的、精神的負担が軽減されることです。また、参列者におもてなしする料理や返礼品が1日分になるので、経済的負担も多少軽減されます。

また、参列者自身も宿泊費や交通費が軽減されます。特に遠方から参列する人が多い場合に、一日葬にすることが多いようです。一日葬は、葬儀社によって提案された新しいスタイルで、特に形式が決まっているわけではありません。多くの場合一日葬は通夜を省いて行われますが、逆に通夜への参列者が多い場合は、通夜をメインとした一日葬を行っている場合もあります。

ちなみに一日葬の葬儀は通常の葬儀と比べて、大幅に費用が変わるわけではありません。施設料金は前日から準備する分を合わせれば2日間借りることになるので、コストの面ではあまり変わらないということは覚えておきましょう。

宇宙葬とは

宇宙葬とは、故人の遺骨などを収めたカプセルをロケットに載せ、宇宙空間に打ち上げる散骨の一つです。宇宙葬とはいうものの、実際には地球の重力圏を離脱できず、打ち上げられたロケットのほとんどは地球を周回する軌道上に載ります。

ロケットはそのまま地球の周りを浮遊したあと、地球の重力に引かれて落下し、最終的には燃え尽きます。宇宙葬で打ち上げるロケットには、容積・質量の制約があります。そのため、多くの場合はシリンダー状の容器に一人の遺骨を数g入れ、数十から数百人分の遺骨を同時に打ち上げます。

ちなみに、宇宙葬に使用されるロケットは、既存の商業ロケットを転用する場合が多いです。宇宙葬に対する批判として、スペースデブリ(宇宙ゴミ)の増加につながるという声があります。

ただし、打ち上げられたロケットや遺骨などは重力によって大気圏に接近する時大気との摩擦によって最終的には「火葬」されます。宇宙葬の代表的な例としては、2004年に行われた150人分の宇宙葬などが挙げられます。宇宙葬の発展形として、人工衛星に遺骨を搭載したり、月面や外宇宙に遺骨を打ち上げるプランも検討されています。

音楽葬とは

音楽葬とは、自由な形式で葬儀を行う自由葬の一種で、生前に故人の好きだった歌などを流して葬儀を行うことです。仏教の読経や、キリスト教の讃美歌の代わりに流されます。

音楽葬は、無宗教葬や社葬、学校葬など、さまざまな葬儀形態で行われています。葬儀の間は常に音楽が流れており、むしろ音楽が中心となって葬儀が進行していきます。個人の葬儀に用いられる音楽は、主に録音されたテープやCDなどですが、生演奏で行うことも可能です。

ピアニストや弦楽四重奏団が会場に招かれることも多く、団体葬になると中編成の管弦楽団や合唱団による献歌が行われます。音楽葬で流れる曲は、故人の好きだった歌謡曲やポピュラーが音楽、またはクラシックなどの静かな音楽が終始会場に流されます。

音楽葬は自由葬の一種ですので、決まった形式はありません。読経の代わりに音楽を流すというだけでなく、弔電披露をカットしたり、祭壇を飾る代わりに別のものを用意するなど、自由に行うことができます。ただし、自由に行う分、事前の打ち合わせなどが通常の葬儀よりも必要になるので注意しましょう。

桜葬とは

桜葬とは、樹木葬墓地の一種です。樹木葬墓地は、墓石の代わりに樹木を墓標として、その下の土の中に遺骨を埋める葬法のことです。桜葬はその名の通り桜を墓標としていますが、「桜葬」自体はNPO法人エンディングセンターの登録商標です。

自然へ還るという意識が高く、遺骨を土に埋めるのも、そのまま土に還ることを意味します。他者の遺骨と一緒になることはありませんが、いわゆる集合墓です。現代社会では核家族化、少子高齢化が進んでおり、核家族の最晩年が無縁死するということも多いです。

そのような状況を憂い、1990年に市民団体「21世紀の結縁と墓を考える会」が考え出したのが、この桜葬という葬法です。葬式業者主体ではなく、生活者の視点から実現された葬法というのが特徴で、必要なのは生前に桜葬をするという本人の意思表示だけです。

継承者を必要とせず、遺骨も自然と土に還ります。墓地は市民団体が管理しており、シンボルツリーである桜も墓標としてそこにあり続けます。葬儀が個人化し、無縁仏などの問題が浮き彫りになる中で、自然志向の桜葬は多くの方に支持されています。

友人葬とは

友人葬とは、僧侶を呼ばずに故人の家族や友人のみによって執り行われる葬儀です。友人葬は、本来は一般名詞でしたが、現在は創価学会が行う葬儀のことを指しています。葬儀は、すでに成仏した故人に対する感謝の念で行うものだから、成仏のためには僧侶は必ずしも必要ないという考え方です。僧侶を呼びたかったら呼んでも良いですが、呼ばない場合は、読経は僧侶の代わりに、集まった人々によって行われます。

読経を指導するのは、地域ごとにいる儀典長と呼ばれる創価学会の会員です。友人葬では戒名も不要だとし、亡くなる前の氏名を「俗名」とし、祭壇には自宅の御本尊を安置します。友人葬は僧侶を呼ばないので、僧侶への金銭の支払い、お布施などは必要ありませんが、葬儀に対する必要経費はかかります。

また、創価学会では学会員同士の金銭の貸し借りは厳禁になっているので、友人葬でも香典や香典返しは基本的に行われないことになっています。近年では、一般的な意味での友人葬を取り扱う葬儀社も増えています。密葬や家族葬のように、葬儀のスタイルが自由化していることの現れでしょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

We Areの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

We Areの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Editor

Editor

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【ズボラの人、注意!】エアコンの掃除をせずほったらかした結果、待ち受けるリスクは?

  • デッドスペースを利用した収納術

  • 幸運を呼ぶインテリア

  • 五感を働かす猛暑対策

関連記事

  • 単身引越しを安く済ますには

  • 一万円台、一万円以下の引越しも不可能じゃない!?赤帽での引越し

  • エアコン撤去、取り外し、処分に掛かる工事費用の目安とリサイクル料金はいくら?

  • 引越しまでのスケジュールを確認して準備を進めましょう

  • 台所用品などの荷造り・梱包のコツ

  • キッチンの収納術