1. TOP
  2. 自然葬にはどのような形態がある?

自然葬にはどのような形態がある?

暮らしと生活
この記事は約 7 分で読めます。 360 Views

自然葬とは、お墓に遺骨を納めるのではなく、海や山など自然の中に遺灰や遺骨を還すという考えのものです。そして、自然の循環の中の一部となり永遠の眠りにつこうとする葬送の方法です。

自然葬には、風葬・鳥葬・水葬・火葬・埋葬・樹木葬などと様々な種類の葬送の仕方があり、これら自然に還す葬送全般をまとめて自然葬と言います。昔から日本には「死生一如」という考えが根底にあったように思われます。「死生一如」とは、自然循環といった意味です。そのため、自らが死去した際には、自然の中の一つの要素として循環したいと言う気持ちがあるのではないでしょか。

自然葬の発生には、死去後自然に還りたいと言う意味合いと、環境面からみた意味合いがあります。前者では、故人が生前遺書に記しておいたり、ご遺族が故人を思い自然葬が一番の供養となるであろうとの考えから行われる事が多いです。後者は、環境問題の面での葬送の仕方となります。昨今の風潮で、自然を守る・環境を守るなどの面から、人工物となる墓石や墓場を作らず、自然葬で自然に還すのが環境面にとって良いだろうとのことで生まれたタイプがあります。どちらも同じ自然葬ではありますが、基本スタンスが違いますのでお気をつけ下さい。樹木葬の場合は両方の意味合いで使われる場合があります。

自然葬と言っても、直接遺体を埋葬したり、水葬したりする訳ではありません。そんな事をしたら遺体遺棄の罪で捕まってしまいますので、お気をつけ下さい。自然葬は、多くの場合火葬をして遺骨又は遺灰にしてから行われる葬送となります。

スポンサードリンク

埋葬

埋葬とは、遺体・遺骨を土の中に埋めて葬送する方法となります。しかし、昨今では遺体をそのまま土の中に埋めてしまう事を禁じている自治体もあります。東京都や大阪府など比較的都会で禁止される傾向があるようです。

現在、遺体を土の中に埋めて葬送する方法が残っている所は、岐阜県と奈良県の一部に限られています。後述になりますが、遺体を土の中に埋める葬送の事を「土葬」と言い、「埋葬」とは区別して考えられております。この項では両方について解説していきます。

「埋葬」と言う言葉で使われる場合は、火葬した後の遺骨を納骨する事と定義付けられていることが多くみられます。死亡届けを提出する際に、火葬許可証を受け取ります。そして24時間後に火葬場で火葬許可証を提出し、火葬が終わりますと先ほど提出した許可証に証明印なる印が押されて返却されます。その書類が「埋葬許可証」となります。埋葬許可証が発行さられて、初めて納骨が出来るようになるのです。ここで使われている「埋葬」は火葬で葬送した後の言葉となり、その為土葬とは区別されているものです。

「土葬」は上記でも述べましたが、遺体をそのまま土の中に埋める事を言います。日本では基本的に土葬が許可される所は少ないのが現状です。
土葬の手続きは、死後7日以内に、死亡届の提出と埋葬許可証の取得をします。先も記載しました通り、土葬の許可を出す市区町村は非常に少ないですので、埋葬許可証をこの時点で交付してもらえる地域は限られています。許可書を入手後、墓地の永代使用許可証と埋葬場所が決定しましたら、遺体の大きさに合う穴を掘り、埋めます。急ぎ足になってしまいましたが、このような流れで土葬を行います。

火葬

火葬も自然葬のカテゴリーに分類されます。日本では最もポピュラーな葬送の1つの形態でしょう。火葬には、火によって故人を破壊し、霊魂の離脱おきっかけを出来るだけ早くするという意味も含まれます。

火葬は24時間経たなければしてはいけない事になっております。その理由は、昔は死亡診断技術も曖昧な一面があり、故人の死の誤認も少なからず存在致しました。24時間経過すれば死斑と言う斑紋が故人からでてきて、医学的に蘇生の可能性はなくなります。そのため、24時間の猶予を与えるのです。100年に1~2度は火葬の火のショックで蘇生してしまい、炉内で助けを求めていたと言う事もあったようです。そのような事故をなくす為にも死後から時間的な猶予を持たせるのです。ちなみに、炉内で蘇生してしまった場合は、助ける事が出来ないと言われております。現代では起らないと言われておりますので安心して下さい。

火葬を選ばれる理由には、死後長い時間を葬儀に費やされますと遺体は腐敗してきます。それに不快感を抱く人もいますし、遺体の処理がすぐに終わるという理由もあります。その他に、葬儀自体を簡潔に済ませたいと考えている遺族や故人が火葬の処理方法を評価しています。それに費用も比較的リーズナブルな値段で済ませる事ができますので、万人向けなのでしょう。
火葬は死亡届を各市区町村に届出て火葬許可証を交付されましてから火葬の許可が出ます。それから死亡後24時間経たなければ火葬する事は出来ない事になっております。火葬は土葬以外の自然葬で必要不可欠な一過程となります。火葬の費用は直葬の項目で記載していますのでそちらを参照して下さい。

樹木葬

樹木葬は遺骨を墓石に納骨するのではなく、墓石の替わりに樹木を墓標又は墓碑とすることです。樹木葬は散骨と異なり「墓地、埋葬等に関する法律」で許可を得ている墓地でのみ埋葬可能とされています。中には、庭園葬と言って庭園全体が樹木葬の形態となっている場所もあります。他には、樹木葬専門の霊園やお寺さんも存在致します。樹木葬は散骨とは違い粉末状にする必要もありません。それから、散骨は埋葬地として許可を得た場所などなく、認知されていない所に「撒く」のに対しまして、樹木葬は「墓地、埋葬等に関する法律」で墓地として許可を得ている場所に「埋める」という点で異なります。さらに樹木葬は土葬とは違い、一度火葬してありますので、埋葬許可証が手に入ります。そのため、都市で指定されている墓地でならどこでも埋める事ができます。中には都市型樹木葬と謳った葬儀社もあるくらいです。

樹木も選べる埋葬地が多く、様々な種類が用意されております。四季折々の花を咲かせる樹木が選べるようです。樹木葬は、一般区画や合同区画といった区分けがされており、故人一人一人に樹木を一本付け直径2mの円内の区画が一般区画とされており、そちらの費用は50万円程度が相場とされております。また、合同区画は比較的広い土地にシンボルとなる木が植えられており、その麓や周囲に埋葬する所になります。ただ、合同区画は一度埋めてしまいますと、名前の通り合同の埋葬となりますので、どこに故人の遺骨が埋まっているかは分からない場合がほとんどになります。その条件でも良いのであれば、比較的リーズナブルな値段で樹木葬を行えますので、おすすめだと思います。費用は20万円程度が相場となっております。

散骨

散骨とは、火葬後に遺骨を粉末状にし、山や海などの自然の中に撒く葬送方法です。葬儀社に散骨プランと言った葬送をするプランが組まれており、クルーザーなどを貸し切り、海上で海洋散骨をする方法などが存在致します。クルーザーを1隻チャーターし、指定海域で散骨を行う料金は、15万~25万円程度となっております。その他、代理が海上に散骨するプランなどあり、どうしても海上で散骨しなければならないのであるのなら、このような葬儀社のプランも一考に値するのではないでしょうか。

散骨にするかどうかの決定は火葬が済んでしまってからでも十分間に合います。そもそも散骨は火葬して、遺骨になった状態からさらに粉末状に砕く必要があるのです。遺骨を粉末状にするには、遺族が自ら行っても良いのですが、心情面では抵抗があるのではないでしょうか。そのような方には、遺骨を粉末にしてくれるサービスなどが存在致します。料金は1万5千~2万円程度と比較的リーズナブルな値段なのではないでしょうか。それから、粉末状にしてしまえば、容量が半分以下になり小さな容器で持ち運びもできます。さらに、粉末にして頂ければ遺族・親族などにも分ける事が容易になるのではないでしょうか。あくまでも分けて欲しい方がいる場合ですが。

散骨の注意点ですが、私有地などでは撒かないように致しましょう。撒く分けないじゃないか、と思う方もいると思いますが、現在の日本で私有地以外を探す方が難しいのではないでしょうか。海や空であるのなら、比較的まだ簡単に散骨できます。が、山や景色の良い場所など、国有地と思っている所が実は私有地であったなど経験はないでしょうか。その他気をつけるべき点は、粉末化して容量が減ったからと言って、体積自体は変わっておりません。ですので1度に撒く事は止めましょう。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

We Areの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

We Areの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Editor

Editor

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【ズボラの人、注意!】エアコンの掃除をせずほったらかした結果、待ち受けるリスクは?

  • デッドスペースを利用した収納術

  • 幸運を呼ぶインテリア

  • 五感を働かす猛暑対策

関連記事

  • アート引越センターのレディースパックはひとり暮らし女子の強い味方になります!

  • 単身世帯の引越しに便利なサービスの単身パック

  • 単身引越しを安く済ますには

  • リビングのインテリア~北欧家具・和のテイスト・風水・照明で楽しむ

  • 夏のシーズン使用前のエアコン掃除はどのように行えば良い?~室外機・壁掛け・分解などエアコン・クリーニングのいろいろ

  • 衣類・寝具・書籍等の梱包