単身引越しで人気の引越し業者のパック・プランはどれ?

はじめて実家を出る方など、一人暮らしを始めるには最適なサービスと言われている単身パックやプラン、テレビCMなどでも観る機会が多いでしょうからご存知だと思います。 今では多くの引越し業者で単身者向けのメインサービスとして位置づけられています。

 

でも、単身引越しをする人すべてに単身パックがジャストフィットするのか?というとそうとは決して言えません。むしろ向かない人の方が多いんじゃないかしら?と思うようなパックやプランがあることは否定出来ないのです。 あなたのシーンに合った単身パックやプランはどれでしょうか?

順位 会社・サービス名 料金 サービス詳細

アート引越センター
単身引越パック

見積もりが必要です

とにかく費用を抑えたいという方にオススメ!

安い引越し方法の「フリー便」が併用可能。
独身寮生活者や初めての一人暮らしの人にピッタリです。
また女性スタッフによる「レディースパック」も人気抜群です!

サカイ引越センター
単身者用引越し

見積もりが必要です

安さとサービスのバランスが良い。コスパで選ぶなら!

単身パックやプランは用意されていません。
荷物量からの見積もりとなりますので無駄がありません。

アーク引越センター
ミニ引越し

見積もりが必要です

学生さんの荷物の少ない引っ越しには特にオススメです!

ミニ引越しには近距離と長距離のタイプがあります。
長距離は100q以上が目安となります。

日本通運
・ワンルームパック(近距離)   
・単身パック(長距離)

近距離は30q以内で作業時間4時間以内が目安です。

右記ご参照

料金は下記の通りです。料金的には安くはなく他社との比較がオススメ!
ワンルームパック 平日〜29,800円、週末〜34,800円
ワンルームパックPLUS 平日が〜39,800円円、週末〜44,800円
※ワンルームパックは2t車、PLUSの場合は2t車ロングとなります。
春の繁忙期の3月20日から4月10日頃はサービス停止となるエリアがありますのでご注意ください。

 

単身パックS 17,850円〜
単身パックL 18,900円〜
単身パックX 東京〜愛知59,800円 東京〜福岡77,800円など
※専用ボックスのサイズは
S:幅108奥行74高さ154cm
L:幅104奥行104高さ174cm
X:輸送手段が鉄道輸送で2tコンテナを使用します。
単身パックXは取り扱いエリア限定です。たとえば東北地方では仙台市とその周辺、北海道なら札幌とその周辺限定となります。また引越し元と先がともに取り扱いエリアでなければなりません。

アリさんマークの引越社
ミニ引越しプラン

見積もりが必要です 格安ですが利用条件が厳しいのが残念です。

同じ市内の同じ区内で移動距離が5q以内限定です。
引越しする日と時間の指定が基本的には不可となっています。

単身引越しの場合もしっかりと見積もりを比較するのがベスト!

各引越し業者が用意している単身パックやプランは上限金額や下限金額が示されている程度で実際に掛かる費用は引越しをしてみないと分かりません。

 

たとえば安いかな?と思う日通の単身パックであっても、荷物が超過した場合には専用ボックスがもう1基追加されることになり、倍の料金になってしまうのです。

 

なのでどこが安いのかを知るためには各業者から見積もりを取り寄せて比較して決めるのが最も確実でありベストなのです!

 

あなたの荷物量ではどこが一番安い? 無料で使える一括見積もりが便利です!

 

 

 

一人暮らしの引越しの時って誰に頼みますか?

引越しを誰に頼む?とは、ちょっと不思議に思うかもしれません。「業者さんに頼めばいいんじゃない?」まったくその通りです。一番安心だし、ネットで見積もり出してもらって、作業してもらい料金を払えばいいのですから。

 

「引越し先が近くて、お金をかけたくない」「友達や家族・親戚に頼もうと思うんだけど」という人もいるでしょう。荷物が少なくて、プロに頼まなくてもなんとかできそうなら、それもひとつの手かもしれません。その場合、せっかくの休みの日に引越しの手伝いをお願いするのですから、それなりのお礼は必要でしょう。

 

もし、あなたが友達に引越しの手伝いをお願いされて手伝ったのに何のお礼もなかったら、どうでしょう?お礼のために手伝うわけじゃないという人もいると思いますが、良い気分ではないと思います。かといって引越し料金と同額のお礼を用意しては意味がありません。相手に感謝の気持ちが伝わるようなものを用意しておきましょう。この場合、相手はプロではないので、家財が多少傷ついたり、紛失してもある程度目をつむる必要があるかもしれません。

 

業者さんに頼む場合は、どうやって選べばよいでしょう?引越しをしてくれる業者さんはすべて『引越し専門業者』ではありません。遠くへの荷物運搬が得意な運送業者さんや近くへ配送してくれる赤帽などいろいろあります。 たとえば赤帽に頼んだ場合は、荷物の梱包はもちろん、搬出・搬入作業や家具の設置等、基本的には自分で行わなければなりません(赤帽さんがどこまでやってくれるのか?つまり親切かどうかは運次第となります)。

 

頼む相手によって料金やサービスが違ってくるので、今回あなたにとって最もベストな選択はなにかをしっかり調べましょう。

大手引越し業者の単身パックを比較!

テレビCMなどですっかり知名度が高まった単身パック。一人暮らしの引越しにはとても便利そうですよね♪

 

でも実は利用するのにはけっこう条件があったりするんです。引越しする距離だったり荷物の多さだったり。。

 

あなたがすでに一人暮らしをしているのなら、単身パックじゃない方が良いのかも? 大手引越し業者の単身パック・プランを比較してみました。ご覧ください!

 

 

日通 日通 アート サカイ アリさんマーク
プラン ワンルームパック

ワンルームパックPLUS

●単身パックS

●単身パックL
●単身パックX

●単身引越パック ●単身用引越し ミニ引越しプラン
距離などの条件は 移動距離30km以内で作業時間4時間以内 県外長距離 条件なし 条件なし 同じ市内の同じ区内で距離5km以内限定
荷物量は? 2トントラック使用

1R〜1DK程度(30u以下)の荷物量が目安

 

【PLUS】
2トンロングトラック使用
〜2DK(30u超〜40u)程度の荷物量が目安

SサイズBOX:

108a×74a×154aで容積が1.23m3

 

LサイズBOX:
104a×104a×174aで容積が1.88m3

 

Xは鉄道輸送で2トンコンテナを運びます
164.9a×227.9a×198.9a

柔軟に対応 柔軟に対応 たたみ3畳程度の荷物量が目安

 

段ボール20個、TV・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・自転車程度

 

※段ボールは縦+横+奥行き=150a以内が条件となります。

注意事項 小物の梱包を引越し当日までに済ませていないと別料金が発生する場合があります。

 

3月20日〜4月10日はエリアによってサービス提供していない場合があります。

単身パックXは提供していないエリアがあります。基本的には大都市間の引越し限定サービスとなっています。 要見積り 要見積り 引越し日、時間が指定できません。
料金は? 土日祝 〜34,800円

平日 〜29,800円

 

【PLUS】
土日祝 〜44,800円
平日 〜39,800円

S:17,850円〜

L:18,900円〜

 

X:東京大阪間61,800円など

要見積り 要見積り 要見積り
つまり! 価格は決して安くはありませんので他社の見積もりと比べてみることをオススメします 単身パックSとLは初めての一人暮らしの人向き。すでに家具や家電が揃っている方は専用ボックスが何基にもなり費用的メリットがなくなる可能性が大か!?

 

単身パックXは引越し元と先がともに提供エリア内であることが条件となります。大都市間での引越しをする方向けです。

単身パックやプランは荷物量の条件が厳しいです。荷物が収まらずに専用ボックスが何基にもなったりすると高くついてしまうことも実際にありました。

 

結局は見積もりをしてもらって比較するのが上手な引越しとなります。

サカイとアートの場合は条件ガチガチのパックは提供していません。その分、各個人それぞれのケースに柔軟に対応してもらるとも言えます。

 

引越し料金は相場ものですので各社の見積もりを比べることが必要です。

距離5km以内というのがあまりにも痛い!

 

ただし料金は激安級かもしれません。

単身パックは本当にコスパが良いのかな?

一人暮らしをすでにしている人なら、そこそこの家具や家電などは揃っていますよね。そういう人の場合は単身パックはちょっと使いづらいんじゃないのかな?と思います。

 

専用ボックスを使うタイプのパックは、はじめて実家を出て、引越し先で家具などを買い揃えるような人には良いと思いますが、、、荷物が多いと専用ボックスが2基とか3基とかになるので、料金も×2、×3になるのですよ。

 

なので他の業者の見積もりと比較してみるのが良いと思います。今は無料の一括見積もりサービスがありますのでたくさんの業者の見積もりが簡単に取れますよ!

 

1分で一番安い引越しを探すなら!>>>Click!!!

単身パックを利用すれば必ず安くなるわけではありません!

一人暮らしの方向けのプランとして今や定番のようなイメージとなった単身パックなどの単身者向けサービスですが、 何でもかんでも単身パックを利用しておけば良いというものではないのです! 場合によっては通常の引っ越しよりも費用が掛かってしまったなんてことも珍しくありません。

 

その理由ですが、日通やクロネコヤマトなどの単身パックは専用ボックスと呼ばれる、およそ横1メートル×縦1メートル×高さ1.8メートル程度の専用の入れ物(専用ボックス)に引越し荷物を入れます。 その専用ボックス1箱あたりの値段が15,000円とか20,000円などと表示されています。

荷物量に注意! 単身でも荷物が多いと?

 

単身パックが決して安くはない理由の1つ目が『荷物量』についてです。もしあなたがほとんど引越し荷物がない状態で引っ越しをするのなら単身パックは向いています。 しかし、そのような人は初めて実家を出て一人暮らしをする方とか、下宿や社員寮で暮らしていた方など、かなり限られているのではないでしょうか。
単身パックは荷物が多くて専用ボックス1箱に収まらない場合には専用ボックスが追加されます。そうなると料金は2倍、3倍となってしまうカラクリがあります。

距離はどのくらい?

 

引っ越し業者の料金は距離が長くなれば当然ながらその分に応じて高い代金が請求されます。 日通やクロネコヤマトなどのホームページには単身パックやプランの価格が表示されていますが15,000円〜などになっていた場合には『表示価格以上』ということです。 長距離の場合は単身パックもその距離に応じた費用が加算されるのです。

アート引越センターやサカイ引越センターに単身パックが無い理由は?

 

単身パックというのは言ってみればこの箱で運ぶので、詰めるだけの荷物をきっちり入れてください!というもの。引越し荷物ってそんなようなわけにはいきませんよね?。ピッタリと収まらないとむしろ損!?をするサービスと言っても良いかもしれません。 ですので大手引越し会社のアートやサカイなどには単身パックはありません。キッチリと荷物を見積もりしてジャストサイズの運送方法で運ぶ単身プランとなっています。

単身パックよりも安い引っ越しをするには!?

もっと安い引越し業者を見つける方法がコレ!

 

数年前から登場した「引越し見積もり一括サービス」はとても便利です。
誰でも簡単にたくさんの業者の見積もりを取り寄せることが出来るんです。 どこが安くやってくれるのか?比べれば一目瞭然ですから、もう高い業者に頼んでしまうようなことが無くなったんです♪

引越し見積もり一括サービスは無料で利用できます。 もし「どうしても単身パックを利用したい!」という方がいらっしゃても、一度は他の業者の見積もりと見比べてみることをオススメいたします。

 

単身の引っ越しとはいえ、その荷物量と距離によっては業者によって価格にかなりの差があります。 後になって見積もり比較をしておけば新しい洋服や靴が買えたのに・・・なんて後悔をしないためにも一括見積もりを利用しておきましょう。

 

単身パックが得なのか損なのかは見積もりで比べてみましょう!

比較表で紹介できなかったクロネコヤマトの単身引越サービスは宅配業者ならでは。

 

全国規模の宅配業者で、知名度の高いクロネコヤマトでは、引越し業務も行っています。クロネコヤマトの単身引越しパックには、『単身引越サービス』と『単身引越サービス(miniタイプ)』があります。どちらも規定のBOX内におさまる荷物の量なら、一定のリーズナブルな価格で引越しができます。

 

単身引越サービスは、一人暮らしをするに当たり最低限必要な家電や家具を含めて引越しをおこなう方におすすめのサービスです。こちらのBOXのサイズは、1.04m×1.04m×1.70mとなります。このBOXのサイズの目安としては、単身向けの冷蔵庫(2ドア)、電子レンジ、全自動洗濯機に加え、ダンボール約10個、布団1組、衣装ケース3個、スーツケース1個がちょうどおさまるくらいの大きさです。料金は、同一市内の引越しなら14,700円(関東エリアは17,850円)と非常にリーズナブルです。

 

単身引越サービス(miniタイプ)は、大型の家電や家具は引越し先で購入する、もしくは必要ないという、さらに荷物の量が少ない方におすすめのサービスです。BOXのサイズは1.04m×1.04m×1.30mとなり、ダンボール約15個、布団一組、衣装ケース3個が収まるくらいのサイズになります。こちらの料金は同一市内の引越しなら13,650円(関東エリアは16,800円)とフルサイズよりも若干安くなります。

 

クロネコヤマトの特徴としては、万が一これらのBOXに入りきらないような大型家財があった場合、らくらく家財宅急便と組み合わせて利用できるという点です。そのため無駄のない引越しが可能なのです。また、単身引越しパックでは、WEB割引、平日割引、早期申込割引、複数BOX割引など4つの割引も併用できるので、さらにリーズナブルな価格で引越しができるのです。

 

どなたにも馴染みがあるクロネコヤマトは宅配業者として知名度と安心度が抜群です。フットワークの軽そうな引越しを行なってくれそうですよね。荷物量によっては検討対象の業者になる十分な資格があると思います。他の業者と比べてみましょう。

 

 

単身なので荷物が少ないから・・・なんて甘く見ちゃイケません!

これから新生活のために、はじめて一人暮らしをする方で新居にて家電や家具を揃える場合ならばレンタカーを借りたり、場合によっては宅配便で荷物を送ったりでも良いでしょう。

 

その記憶があるからなのか?、単身の引越しなのでたいした荷物は無いから簡単に終わるだろうというノープランの人も多いんじゃないでしょうか。でも一人暮らしの生活が長くなるに連れて荷物は思った以上に増えているものなのです。きっと多くの人が荷造りをして「この部屋にこんなに荷物があったなんて!!」と 驚く人も少なくありませんよね。

市内の引越しならまずは赤帽の利用を検討

 

近場の引越しで荷物量がそれほどでもなければ赤帽を使うのも良いと思います。安いですからね。 ただし、赤帽の場合は引越しの業者ではなくて運送業者ですので何から何までやってくれるわけではありません。 作業員は赤帽さん一人なので当然あなたが自ら積極的に荷物の搬出・搬入をする必要があります。どこまでやってくれるかは個人事業主のサービス精神に掛かっていると言っても良いでしょう。かなり運次第の当たり外れの激しい選択だと覚悟をした方が良いかもしれません。

荷物量がそこそこなら専門業者の利用を検討

 

近場の引越しであれば友人の手伝いを借りて行う人も多いでしょう。ただし、親しい人でも最低限の礼儀としてお礼は必要です。そうなると費用的には業者を利用したのとたいして変わりがなかったり、、、なんてこともあります。 それにお手伝いしてもらうというのは普通の人であれば気を使うことになりますし、業者を利用する方が気楽なのは間違いありません。

単身パックが安くて便利 レディースパックは安心感が!

 

単身者専用の引越しサービスとして各業者が用意しているのが単身パックです。料金的にもオススメですし大きな家具や家電などは梱包をしてくれるところも多いのでかなり楽です。また女性の一人暮らしの方はレディースパックの利用を検討しても良いかもしれません。すべてを女性のスタッフが行なってくれるサービスなので安心ですよね。

単身の引越し料金が安いところを探す方法があります!

ご存知ですか? 安い業者を見つけることができるサービスを!

引越しするのは久しぶり、そんな方はもしかするとご存じないかもしれません。数年前に登場した「引越し見積もり一括サービス」はこれまでの業者選びを一変させました。
簡単に一度にたくさんの業者の見積もりを手に入れることができるサービスなんです。

このサービスの利用は無料です。なのでこれまで2,000万件を超える利用件数がある信頼されているサービスなのです。
利用者の満足度は『次も利用したいとアンケートに答えた人は95.2%』!という数字が物語っています。使わにゃ損!のサービスなんです。

 

一人暮らしの荷物だから、費用はそんなに掛からないんじゃ?・・・なんて呑気に考えていませんか?。誰でも思うことですが、いざ荷造りを始めると洋服や生活用品だけでもかなりのダンボール数になり、驚くものです。これに家電や家具が加わるのですから。 高い引っ越しにしたくないなら見積もり比較をして安い業者を探しましょう!

単身引越しでも見積もり比較で数万円以上お得に!

荷物量が少ない単身の引越しでは単身パックを利用するのが人気となっています。ただし、単身パックで運べる荷物量というのはかなり少ないものです。もしすでに一人暮らしが長くて家電や家具などが揃っている人であれば引越しで単身パックを使うというのは必ずしも賢い選択であるとは言えません。それどころかかえって高くなってしまうというようなことさえ起こることもあります。単身パックを利用するのは基本的にはこれからはじめて一人暮らしを行うような、荷物がとても少ない人向けと考えておいた方が良いサービスではないでしょうか。

 

単身引越しの料金相場って?

学生さんや新社会人のみなさんにとって最も優先したいのは、やっぱり料金ですよね。業者さんによっても違うでしょうし、引越しプラン(サービス)によっても違うでしょう。では、相場としてはいくらくらいなのでしょう。

 

通常、最低でも4〜5万円以上のようです。条件によってはさらに高くなります。しかし、単身パックですと、8000〜2万円台とかなり安くなります。もちろんこの料金も業者さんによって違いますので、複数の業者さんに見積もりを出してもらい、比較することが大切です。

 

では、引越し料金の内訳はどうなっているのでしょうか?見積書や契約書の料金は【基礎運賃・基礎作業料金】【実費】【付帯サービス料】の総額です。【基礎運賃・基礎作業料金】は引越し作業の時間と距離で決まります。予定の時間を超えてしまうと1時間単位で追加料金が発生します。距離は100kmが基準となっています。これは国土交通省の定めた約款に従って計算されます。【実費】はダンボールなどの資材、有料道路通行料などの見積もりに入らないものです。【付帯サービス料】は主にエアコンの取り付けや不良品の処分にかかる費用です。

 

単身パックの場合、1ボックスあたりの料金となります。サイズは業者さんによって数種類あるので、荷物の量によって選びましょう。実際どのくらいのサイズが必要か判断しにくい場合は通常の引越しプランのほうが良い場合もあるので、単身パックにこだわる必要はないかもしれません。

区内や市内の近距離の単身引越しは?

まずは一番気になる料金の話からしましょう。近くなんだから安いだろうというわけにはいかないようです。

 

【基礎運賃・基礎作業料金】の基準となる移動距離は100kmです。それ以内の料金は例え10kmでも90kmでも変わりません。
【実費】の有料道路使用料金などは発生しないかも知れませんが輸送料金は同じです。
【付帯サービス料】は内容次第です。基本的には荷物の量に比例するので、近いから安く引っ越せるわけではありません。逆に近距離の単身引越しは割高になりがちです。移動距離が近い分、業者さんも儲けが出にくいので、特に荷物の少ない学生の単身引越しなどは基本的に割高な料金になっています。そう意味では、近くへの単身引越しの場合、単身パックを利用したほうが費用を抑えやすくなります。自分では運べないものだけを送ってもらい、運べるものは自分で運ぶなど使い分けをすれば、いくらか費用は抑えられるかもしれません。

 

料金以外での業者さんの選び方はどうでしょう?大手・中堅の引越し業者さんや地元の配送業者さんにこだわる必要はないでしょう。 引っ越す先が同じ市町村内の場合、行政機関への手続きは同じ場所で行うことができるので、手間はいくらか少なくて済みそうです。

 

しかし、住所変更に関する手続は必ず行いましょう。同じ都道府県内の場合も同様ですが、転出・転入の手続は必要です。 手続面では、いくらか楽できそうですが、料金面ではなかなか難しそうです。方法の選択肢が多いだけ、悩みどころも多そうですね。

単身引越しの料金は季節によって違うの?

引越しをする時期によって、料金の違いはあるのでしょうか?引越しといえば進学・就職シーズンの2〜4月ですね。1週間単位でいえば、土曜日・日曜日の午前中は需要が高いようです。そういった繁忙期は避けたほうが料金が安くなる場合もあるようです。どうしてもこの日に引越しをしたいというのではなければ、業者さんに日取りの確認をして少しでも安くなる日を探しましょう。しかし、やっぱり進学や就職で引越しをする場合、そういった繁忙期にお願いしなくてはなりません。日取りを調整できるのであれば、早めに引越しをしてしまうこともできますが、あなたの場合はどうでしょう?

 

実際引越しの作業をしてくれるスタッフさん達も繁忙期でバタバタしている時だと、作業が雑になったり、対応が悪くなったりするかもしれません。最悪、家財を壊されたり、紛失することもあるかもしれません。「お金払ってるんだから、ちゃんとやれよ!」と思うかもしれませんが、そこは人がすることなので、気持ちよく仕事をしてもらうことも考えたほうが、余計なトラブルも防げますし、スムーズな引越しができるかもしれません。このあたりの事情は業者さんとの打ち合わせではわからないことなので、ネットや口コミで評判をチェックしましょう。引越しの日取りは大安や仏滅まで気にすることはないかもしれませんが、一方的に日取りを要求するというよりは、業者さんとの話し合いで決めたほうがよさそうです。

 

はじめての一人暮らしや単身赴任・転勤、荷物が少ない時の引越しに手軽で便利な単身パックを当サイトで徹底比較しています。パックといえど料金設定はちょっと曖昧な部分も各社ありますので、やはり見積もりで確認するのが基本ですがその前準備として参考になるような内容を心がけております。 単身引越しを安く済ますには周りにお手伝いをしてくれる人なら荷物も少ない単身の場合は自力引越しができます。ただ費用を考えるとはたして?、お礼をしたり食事を用意したり気疲れしたりなんてことを総合的に考えると業者を利用した方が良いのかもしれませんね。

更新履歴