1. TOP
  2. はじめてのおひとり様暮らしで困ること

はじめてのおひとり様暮らしで困ること

How to はじめての一人暮らし
この記事は約 5 分で読めます。 424 Views

年をとればとるほど新しい環境になじむことは難しいものですが、お若い方でも進学による単身引越しの場合、住環境の変化と、学校での生活に疲れ、ホームシックにかかってしまうこともあります。

スポンサードリンク

ホームシック

関西の方が東京に出たら、食生活が特に辛いようですね。味付けが全く違いますから。京都から来た大学の友人は、いなりずしの形と味に混乱していました。関東では甘く煮つけて俵型にするのですが、関西では三角に切り、中に具を混ぜることが多いのです。

ホームシックを和らげるには、幾つかの手法があります。ひとつは自分がいた場所と同じ部分を室内に用意すること。手っ取り早いのは香りです。自分がいつも使っていた洗剤などを用意しておきましょう。調味料などは取り寄せられます。引越し屋さんがしているお取り寄せもございます。

つぎに、今いる土地の良い所を探すこと。土地に詳しい人に話しかけ、案内してもらいましょう。地方人というのはその町を愛する人が多いので、快く応じてくれます。筆者がすむ横浜は郷土愛が強い人が多く、港町という土地柄来る人を拒みません。

地方から来た友人がホームシックになった時には庭にも等しい中華街につれていき、肉まんなどを一緒に買い食いします。中華料理は調味料の問題がありませんから。みなとみらいで買い物をしてホテルでお茶、最後は、山下公園の中にある小高い丘につれていき、船の出入りや徐々に変わりゆく空と海の色を一緒に眺めます。すると「横浜も悪くないね」と少し元気になるのです。人がひとりでいるのはよくありません。仲良くなるコツは「一緒に何かをする事」です。

ひとり暮らしのお金の管理はしっかりと

単身引越しのあとは、様々なことでお金が必要になってきます。しかも数百円の細かい出費が多く、管理をきちんとしないとあっという間に家計が破たんしてします。皆様は、家計簿をつけておいでですか。円単位でつける必要はありませんが、ひとり暮らしを始めるにあたってお金の管理を再度見直すことをお勧めします。余裕があっ たら、貯金をなさることをお勧めいたします。

筆者は適当でいい加減なので、家計簿はつけていません。かわりに買ったものの写真をバシバシ撮影して、ブログにアップしています。そうしておけば、同じような服を買ったりする心配は無くなりますから。自分が持っている服は、すべて頭の中に入っていて、服を買う時には瞬間的に、コーディネートを考えて、使えそうなものを購入します。服に関しては衝動買いはしません。破れの繕いやボタンの替え等は総て自分でします。それが1番時間のロスが少ないからです。

また、ある程度の額のものはカードやローンを使うことをお勧めします。支払額を一定に出来る上に、自分がいくら使ったか、インターネットで確認できますから。手帳にびっしりとその日の買い物額を書き込む手法もあります。みただけで使い過ぎが分かりますから。

貯金は、貯金専用の口座を作って、収入のうち、一定の割合を入れるほか、週に1回、紅茶の缶に財布の小銭をすべて入れるという手法もあります。知人はみみっちいと大笑いしましたが、筆者はこれで累計5万円以上は2年でためましたよ。どんな手法があうかは人それぞれですが、ひとりで暮らす場合誰も助けてくれません。引っ越し費用の計算からまずは始めましょう。

新聞などのしつこい勧誘の断り方

単身引越しをしてひとり暮らしをする時に困るのが勧誘です。引越し業者がしつこく勧誘するという事例もわずかではあります。また、先に書いたとおり宗教の勧誘や、新聞の勧誘がくるようですね。

皆様、こんな歌を御存知ですか。「世の中に人のくるこそうるさけれとは言うもののお前ではなし」これは蜀山人という人の詠んだものです。これをもじったものは、「世の中に 人の来るこそうれしけれ とはいふものの お前ではなし」これは内田百聞と言う人のものです。彼は、この歌を戸にはりつけていたそうです。

どのような勧誘でも、断る際にはコツがあります。やんわりと断っても、相手には通じません。きっぱりと断ることが第1歩です。それでも通用しない場合は、相当にしつこい相手ですので、別の方法を考えなければいけません。筆者は毒舌家で勧誘とナンパには容赦がありません。ひととおり話を聞いた後で「で、それで何をおっしゃいたいんですか、お話の仕方が独特でいらっしゃって分かりません」と言い放って、相手を絶句させるという手もあります。

また「まあ、ご苦労様ですね。私、あなたと違って時間は売るほど余っていないので失礼します」「目的は何ですかお金ですか、業績悪いんですか」等も有効です。宗教系の場合は「私、馬鹿だから分かりません。うちの牧師(仏教系だとお坊さん)とお話になりますか」「あ、カルトの方ですねー」等と言い徹底的に相手の論理の隙をつつき、退散させるという手を使います。他に、一喝することもございます。相当怖い人ですが、いきなりアポイントメントもなしにやってきて、相手の事情も考えずにしゃべれる「神経ザイル」人間は、相当強くでない限りまたやってくるのです。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

We Areの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

We Areの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Editor

Editor

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【ズボラの人、注意!】エアコンの掃除をせずほったらかした結果、待ち受けるリスクは?

  • デッドスペースを利用した収納術

  • 幸運を呼ぶインテリア

  • 五感を働かす猛暑対策

関連記事

  • ひとり暮らしに必要な家具のいろいろ

  • 快適な一人暮らしをするために覚えておきたい

  • 一人暮らしの知識のまとめ

  • 初めての一人暮らしで最も重要な家・部屋探しで失敗しないために覚えておきたいポイント

  • 初めての一人暮らしで生活費のやり繰りを上手に行うコツ

  • 独り暮らしを始める前に確認しておくべき重要事項