1. TOP
  2. 一人暮らしのワンルームのインテリア

一人暮らしのワンルームのインテリア

 2017/05/13 暮らしと生活
この記事は約 8 分で読めます。 34 Views
ワンルーム

ワクワクして始めたお一人様ワンルームの方もいることでしょう。

家族に縛られず、誰にも邪魔されない、こんな快適な生活ない!なんて、上機嫌だったおひとり様の生活。

そして、一人暮らしをいいことに、お片付けもしないで脱いだものがそのまま、使ったものがそのまま、もうゴミ屋敷一歩手前で、ストレス溜まりそう!なんていう状態になっていませんか?

スポンサードリンク

運勢アップの風水を取り入れて

そんな状態では運だって逃げてしまいます。これって、ほんとですよ。頑張ってお片付けして、そして幸運を呼ぶ暮らしを送らなくてはね。お出かけの時だけばっちりと決めても、どこかであなたのその暮らしが出てしまうものです。少なくとも、あなた自身スッキリとしないと思います。

そんなことで脳内にブレーキをかけていないで、幸運アップのお部屋作りを目指してください。幸運アップのお部屋のインテリア選びには風水がきっと役立つはずです。

風水では、寝室は一日のうちでも一番長い時間を過ごしますから大事に考えられています。ワンルームのあなたなら寝室を別に取ることは難しいので、ベッドや布団、そしてカバー、シーツなどに風水を取り入れて運気アップを図ってください。

運気アップの色は、赤やピンクなどの明るい色です。さりげなく綺麗な薄いピンクで可愛らしく揃えてみることをお勧めします。

風水って、案外科学的に証明されるものも多く、ただの占いとはちょっと違うようです。

それと、ベッドから降りたときに初めて触れる床はフローリングではなく、ふわふわのマットを置くことが勧められていますから、早速ふわふわのマットを買ってきましょう。善は急げ!です。

スポンサードリンク

お片付けが楽になるインテリア

お一人様ワンルームのインテリアは、「お片付けが楽になるインテリア」をメインにして考えることをお勧めします。

子育ての時もそうですが、「この子はどうしてお片付けが出来ないんだろう」と、どうしたらお片付けができる子になるかと親は頭をひねります。結果、多くはおもちゃ他、入れるのに楽なようにすればいいのだという結論に達します。面倒だからこそやるのも嫌になるのです。

大人のあなたも同じことです。ものをしまうのが楽なら、使ったものをその手で片づけられて、部屋中ごっちゃごちゃになる悲劇が避けられます。今は、オシャレな収納家具や、収納グッズが比較的安く出回っています。お部屋のインテリアも兼ねて上手に取り入れることをお勧めします。

そして、もうひとつ大事な事があります。それはできるだけ埃を出さない、埃の発生源を減らす工夫をすることです。お掃除が苦手だったらなおのこと、埃を出さないように考えてください。

埃の正体はほとんどが綿埃です。布団、カーペット、衣服などが綿埃の原因です。衣服やタオルなどを出したままにせず仕舞います。外から帰ったら玄関でコロコロなどを使って外の埃払って部屋の中に持ち込まないようにします。

埃を立てないためにはお部屋のインテリアも、布製のソファでなく、革製やあるいはビニール製にします。そして、風が強い日には窓を開けたままにしないとか、フローリングのお掃除は埃を舞わせ安い掃除機よりも、クイックルワイパーなどがお勧めです。

片付けやすく、そして、埃を立てない暮らしでおひとり様の生活を満喫させてください。

可愛く便利なインテリアで整える

お一人様ワンルームのインテリアは、思いっきり自分のやりたい放題、したい放題のインテリアで楽しむことをお勧めします。少々お品にかけてもいいではないですか、自分がそこでご機嫌な暮らしを満喫できるならね。誰にも文句は言わせません!^^;

オバサンの目から見たら少々お品に欠けてるなんて意地の悪い目(?)で見るおひとり様のインテリアも、今は狭カワアイテムが流行っていて、それらでワンルームをコーディネートして楽しんでいるおひとり様が増えているようです。

そんな狭カワアイテムを使って、ホワイトでお部屋を広く明るく見せたり、木目を生かしたブラウン系も狭カワアイテムのなかにはあるので、くつろぎ度100%のお部屋作りもできるとか。ブラウン系でオシャレなカフェ系にして、ちょっぴり大人の雰囲気を楽しんでいる人も増す。

このように狭カワアイテムにも、落ち着いたものもありますから、それらも上手に活用することをお勧めします。一つ一つはエレガントで可愛くても、それがワット集まっちゃうとね・・・ただね、そういう楽しいお部屋の人はうつに罹る割合が少ないことは確かなようです!

可愛く便利なインテリアにしたつもりでも、やりすぎはNGなんですよね。部屋に初めて訪れた彼に「なんだかラブホみたいだ」と、引かれてしまった女子もいます。ましてや、結婚まで考えている彼ならどうしようかと考えてしまう恐れもあります。

やはり「ほどほどに」というのがちょうどいいようです。

お一人様を堪能するプライベート空間

人生ときには逃げも必要です。やりたいこと探しに疲れた心を癒すには「逃避」だということもネットに出てました。

仕事や人間関係で疲れたときも、「逃避」が必要です。そんな「逃避」が出来る一番のスポットは外でもありません。あなたのお部屋であり、お一人様のワンルームの空間です!

なので、何気なくその日を暮らす部屋ではなく、「お一人様を堪能するプライベート空間」として位置付けて、お一人様ワンルームのインテリアを大事に考えましょう。そんな風に大事に考えられたお部屋は、あなたの心が落ち込んだときには、優しく包んでくれるでしょう。

深刻な悩みや事情があってもなくても、くつろげる場所って必要ですよね。^^;暮らしとインテリアの考え方は、そんな大事なところから出発しているとも言えると思います。

また、フランスのある作家さんは「自分のために生きていない人は、いつか窒息します」と言っています。誰の為でもない、自分のためのお部屋作りを早速始めましょう!

お一人様を堪能するプライベート空間を考える時、10畳も15畳もある広さならいいですね。でも、今時そんな広さは夢のまた夢。それになまじそんな広さを与えられたら、かえって落ち着かないかも?^^;あなたに与えられている今の広さが「ちょうどいい」のです。

落ち着いた部屋にしたいのなら、木の素材のものを多くつかってナチュラルな感じをだし、インテリア類も落ち着いた色の物に統一すると良いですね。

でも、それも好みの問題です。おひとり様を堪能したいなら、自分の好みのインテリアで揃えていいのです。それが一番落ち着けるのではないでしょうか?

夜を快適にするカーテン&照明

休日には、お一人様ワンルームで心置きなくゆっくり過ごせるでしょう。休日もですが、仕事から帰った後の夜なども、お一人様の部屋でほっとするときもあるでしょう。明日は休み何ていう夜などは、ワクワクするときもあるでしょう。

そんな夜をさらに楽しくご機嫌なものにするインテリアに照明があります。そして、照明に照らされたカーテンは、豪華カーテンならホテルの部屋にいるような気分にさせてくれるかもしれません。

カーテンって、夜の部屋に意外なほど大きな影響を与えるものです。なので、カーテンもできれば自分が想定してワンランク上のカーテンを付けるのをお勧めします。

オシャレな照明は「光の組み合わせ」だと聞きました。普通、部屋の照明は真ん中の蛍光灯一つと思ってしまいますし、ほとんどのお宅がそうです。

しかし、お一人様のワンルームマンションを楽しむインテリアには、部屋全体を明るくする照明と、部分照明を使って光のオシャレを楽しむことをお勧めします。

といっても、難しくもなんともありません。部屋全体を明るくする照明には、普通の蛍光灯から始まって、お洒落なシャンデリアもありますし、ダウンライトなどがあります。

そして、部分照明には、ベッドの横にテーブルスタンドを置くほか、フロアスタンドなども利用しておひとり様のお部屋の夜の帳(とばり)を楽しみます。

想像しただけでも素敵ですね。身も心も癒されそうな気がしてきます。あなたなりのセンスで照明を選んで、素敵なお部屋を演出してください。

姫系ロフトベッド

お一人様ワンルームのインテリアにお勧めなのが、「姫系ロフトベッド」です。最近になって売り出されたこのロフトベッド、今とっても人気の可愛らしいインテリアなのです。

機能性抜群のこのベッドは、上の段をベッドとして使い、下の段にローボード他の家具も置けますし、収納家具を置くことも可能なので、お部屋の収納もより楽になります。

ソファーを置いている人もいますし、使い方色々のこの、姫系ロフトベッドは部屋をより有効に広く使えるというメリットが大きいので、人気がますます高まっています。

価格は、あるメーカーさんの一例では、税込の18,900円だとか。お値段も高くもなく、安くもなくと言ったところでしょうか。

姫系のインテリアの人気が急速に伸びて、これからひとり暮らしを始める方にお勧めがあります。これから何から何まで揃えなければならないという方には、ワンルームのコーディネイトバックが全部揃えて5万円というのがあります。ほとんどの物を姫系のインテリアで揃えたいと思っている人には見逃せない情報です。

可愛らしい姫系ロフトベッドが売り出されたのは最近ですが、下の段に机がすっぽり収まるシステムベッドは以前からあり、兄弟で一つの部屋を使わなければならないときにはとても便利です。

ただ、機能的に下の段を使えるようにしてあるために、高さが高いのが少々難点といえばいえますが、とっても便利なこのロフトベッドの需要が高まりそうです。

このロフトベッドに限らず便利にしかもオシャレなインテリアの数が益々増えています。大掛かりなリフォームをしなくてもイメチエンができるこれらのアイテムを活用して、お部屋の雰囲気を変えて楽しむことをお勧めします。これが「賢い暮らし方」といえるのだと思っています。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

We Areの注目記事を受け取ろう

ワンルーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

We Areの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Editor

Editor

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【ズボラの人、注意!】エアコンの掃除をせずほったらかした結果、待ち受けるリスクは?

  • デッドスペースを利用した収納術

  • 幸運を呼ぶインテリア

  • 五感を働かす猛暑対策

関連記事

  • エアコンの節電対策

  • キレイなお部屋は人生を変える~暮らしとインテリアの素敵な関係~

  • 出産祝いは贈る相手との間柄に合わせて選ぶのが喜ばれるコツです

  • リビングのインテリア~北欧家具・和のテイスト・風水・照明で楽しむ

  • お布団・寝具の管理

  • 引越しが決まったら、確認しておきたいこと