1. TOP
  2. ひとり暮らしに最適なお部屋とは?

ひとり暮らしに最適なお部屋とは?

 2016/06/16 How to はじめての一人暮らし
この記事は約 7 分で読めます。 626 Views

ここでは、一人暮らしの引越しに関する知識の中から、一人暮らしに適しているとされているお部屋という点について取り上げています。

「一人暮らし」といっても、住む人によってお部屋に求められるものは大きく異なってきます。一般的に、一人暮らしに適しているといわれているお部屋としては、1R、1K、1DK、1LDKの四種類とされています。

もちろん、場合によっては2LDKや3LDKなども必要になるかと思いますが、ごく一般的な考えで言えば、前述した四種が最適といわれています。

スポンサードリンク

【広さで選ぶ】どんな部屋が一人暮らしには適しているのか?

121tanshin
さて、四種類挙げたということからもお分かりいただけるとおり、一人暮らしをする皆さんが、どのようなライフスタイルを望んでいるのかなどによって、どれを選ぶべきかが異なってきます。1Rは、「ワンルーム」という言葉の略で、その名のとおり「一部屋」だけの物件で、キッチンもお部屋の中にあります。お風呂やトイレは多くの場合ユニットバスと呼ばれる、お風呂とトイレが同じ場所にあるタイプのものとなっています。水周りにこだわりを持つ人の場合は、ユニットバスを好まない人が多いため、1Rの場合はユニットバスかどうかと言う点も大きなポイントとなるでしょう。

1Rではキッチンがお部屋の中にあるといいましたが、キッチンがお部屋の中ではなく、独立した格好であるのが、「1K」とよばれるタイプになります。しっかりと自炊することを考えている方であれば、1Rよりも1Kの方が、利便性が高いといわれているので、自炊するかどうかと言うのが、1Kと1Rのどちらかを選択する場合のポイントとなるでしょう。

1DKや1LDKは、若干混乱する場合が多いのですが、「D」はダイニングの頭文字で、食事をするための場所を指します。「L」はリビングの頭文字で、くつろぐための場所を指します。ダイニング・リビングに仕切りがないことが大半の為、部屋数に差が無い場合がありますが、「DK」と「LDK」、くつろぐためのスペースが別に確保されているかどうかという点に違いがある為、居間全体が広いイメージがあるのがLDKといった違いがあるというイメージをもっていればよいかと思います。1LDKまでいくと、一人暮らしで家具なども少なく、あまり物を補完しないという方であれば、部屋の広さが無駄に感じてしまうという人もいるそうです。

物がたくさんあるのかどうかで広さをチョイス

334tans (3)
どこまで広さが必要かと言うのは個人差がありますが、物をあまり持たないという傾向の方であれば、1R・1Kがお勧めで、物を沢山持つという人であれば、1LDKやもっといえば2DK・2LDK位のタイプでなければ、物が溢れてお部屋が片付けづらくなるという場合が多いようです。

まとめると、物をたくさん持つかどうか、キッチンは独立していて欲しいか、ユニットバスは問題ないかという三点に対する皆さんの意見をまとめることで、自ずと自分に最も適したタイプのお部屋を決めることが出来るかと思います。もちろんの事ながら、その後には「予算」で悩む必要があるかと思いますが、まずは自分が希望するものがどんなものかをしっかりと見極めてから、ベストな物件に近づけるようにするのが最短ルートですので、自分について一度考えてみるとよいでしょう。

【マンション・アパート・戸建て】お部屋を決めるポイント

334tans (7)
ここでは、一人暮らしのお引越しに関する知識の中から、新居を決める際のポイントについてまとめています。この項では賃貸物件を新居とする際の知識を中心としていますので、賃貸料金に大きく関わるポイントを取り上げていますので、その中で最も譲れないポイントを優先するように考え、予算との兼ね合いに利用して頂ければと思います。

はじめに挙げるポイントとしては、物件がアパートなのかマンションなのか一戸建てなのかという違いです。やはりアパートよりもマンションの方が設備が整っていることが多いせいか、相場も高めになるようです。次のポイントとしては、お部屋の広さ・間取りです。当然広くなればなるほど高くなりますし、部屋数も増えれば増えるほど高くなります。あと、女性であれば気にする方も多いと思いますが、お部屋の場所です。何階建ての物件なのかと言う点や、地域柄によって大きく異なってきますが、やはり一階というのは、セキュリティ上の問題などから安価に設定されるケースが多く、最上階などは展望の良さなどから高値になる場合が多いそうです。ただ、このお部屋の場所と言うのは、場合によっては最上階などは利便性に欠けるなどの理由から安価に設定されることもあるそうなので、不動産会社に相談してから判断したほうがよいかもしれませんね。

その他にも、角部屋かどうか、築年数は何年たっているのか、物件のあるエリアが人気のエリアかどうか、公共の交通機関までの距離、風呂・トイレの設備関連、ガスの種類などが、賃貸料金に大きな影響を与えるポイントとなっているそうです。これらの中から、「絶対に譲れないもの」を決めておくことで、物件選びの際に妥協が必要になっても、迷わずに進められるかと思いますので、予め考えておくとよいでしょう。

利便性を視野に入れて部屋を選ぶ

336tans
利便性の高い物件に住むほうが色々な面で有利になってきますので、自身の条件にあった可能な限り利便性の高い物件に住みたいですね。利便性の高い条件としては、まず、交通機関が近いという点が一番でしょう。職場や学校に交通機関を毎日利用する場合、便利な交通機関が近い物件は欠かせない条件でしょう。冬場に雪が降る地域では、足場が悪くなり、歩くのにも時間がかかりますので、より近くに交通機関があるに越したことはありません。バスや地下鉄、JRなど、さまざまな交通機関がありますが、できるだけ普段利用するものが近くにある方が便利ですね。

交通機関の他には、スーパーや八百屋などの生鮮食品売り場、ホームセンターや家電量販店、薬局にコンビニなどが挙げられます。特に毎日の食事に欠かせない食品店が近くにあるといいでしょう。また、薬局では薬の他に化粧品やシャンプー、洗剤なども安く購入できますので近くにあると非常に便利です。さらに、最近ではコンビニでお金の引き出しから公共料金の振り込みなどもできるため、すぐ近くにあるとかなり便利です。自身の条件に合わせて、物件のそばにこれらの利便性要因があるかどうかも確認してみてはいかがでしょうか。

しかし、ここで注意したいのが、コンビニが近くにあるからといって若い女性が深夜に部屋着で出歩くなど、利便性が高いために犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性も大いにあります。利便性が高い反面、防犯意識の低下からセキュリティー面が不安になりますので、十分に注意が必要です。

プライベート性の高さで部屋選び

jyoshi00
その物件に長く生活をする上で、プライベート性の高さは思ったよりも重要です。壁が薄くて、隣の部屋の物音や声が筒抜けなのであれば、長く住むうちにストレスになるでしょう。隣人は知り合いでも友人でもないだけでなく、顔も見た事がないわけですから、防音性が極めて低い賃貸はトラブルの原因になるでしょう。さらに、部屋の窓から見える景色が、すぐ向かいの賃貸の部屋の窓という場合もあります。これでは、安心して窓の側に立つ事もできないのではないでしょうか。

防音性の高さは、実際に住んでみないとわからない部分も多いですが、下見の際に確認できる事もあります。部屋の中で、物音や自分の声がやたらと反響する賃貸は危険です。建物というのは、防音性が高いほど、物音が反響したり響いたりしません。余計に反響する物件というのは、設計が甘く壁が薄いだけではなく、壁の間に十分な断熱材や防音材が入っていない事が主な原因です。これでは自分の部屋の物音も他人に迷惑をかけますし、冬になると部屋の中が寒くなるでしょう。下見に行った時に、軽く手を叩いてみてください。もし、今まで住んでいた家より反響するようであれば住まない方が無難でしょう。

とはいっても、家賃設定の低い物件ではどうしてもそのような物件が多いですので、金銭面からあまり多くの選択肢がない場合もあるでしょう。そのような場合は、角部屋を選んだり、まだ隣が空き部屋となっている部屋を選ぶといいでしょう。プライベート性の高さは住む期間が長くなるほど重要になってきますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

この春の季節は引越しラッシュとなります。アメリカとかであれば秋になるのでしょうか?春の日本の風物詩のようなものですね。そしてこの時期は引っ越し 費用がとても高くなる時期でもあります。どうしてもという理由が無い限りは春の引越しは避けるべきでしょうね。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

We Areの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

We Areの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Editor

Editor

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【ズボラの人、注意!】エアコンの掃除をせずほったらかした結果、待ち受けるリスクは?

  • デッドスペースを利用した収納術

  • 幸運を呼ぶインテリア

  • 五感を働かす猛暑対策

関連記事

  • ひとり暮らしに必要な家具のいろいろ

  • はじめてのおひとり様暮らしで困ること

  • 引越しするのが初めての人必見!一人暮らしの部屋探しと生活の知識のまとめ

  • 快適な一人暮らしをするために覚えておきたい

  • 独り暮らしを始める前に確認しておくべき重要事項

  • 一人暮らしを始めるに際して買っておくべきもの