1. TOP
  2. 一万円台、一万円以下の引越しも不可能じゃない!?赤帽での引越し

一万円台、一万円以下の引越しも不可能じゃない!?赤帽での引越し

 2016/08/06 暮らしと生活
この記事は約 10 分で読めます。 1,256 Views

単身引越しをするにはテレビCMでよくみる単身パックが良いでしょうか、それとも一人暮らし向きの赤帽が良いでしょうか。それぞれメリットとデメリットがあります。あなたの場合はどちらが向いているか、このようになりますよ。

主に単身向けの引越しを行うために最善の引越し方法であると昔から言われている赤帽ですが、自分で作業を手伝わなくてはならない面もある為、作業をするために重要視される安全に荷物を運搬するという面では不安が残るものです。その為、安心して引越しを行うためには、専門の引越し業者を利用して引越しを行った方が良いという考えの人も少なくはありません。

近距離の引越しでは単身パックか?それとも赤帽か、迷うところですが

また、赤帽は軽トラック1台分という荷物を運搬できる量に限度があるため、単身での引越しを行う際に使用することが基本となります。その為、他の単身引越しの方法と比較して考えると、赤帽は大変安い価格で引越しを行うことができるようになっているので、多くの人が赤帽を利用しようと考えるものです。しかし近年、専門の引越し業者であっても赤帽に匹敵する価格の引越し料金で提供される単身向けパックというものを行っているところもあります。

引越し単身向けパックは、単身者向けの引越しに必要となる引越し作業をより手頃な料金で利用することのできるプランであり、荷物の量などに単身者に必要な分だけしか運搬することができなくなるというような制約がつくものの、通常の引越しプランとほとんど同じようなサービスを受けることができるため、快適な引越しを実現することが可能となります。

赤帽の引越しは自分で荷物を運ばなければならないことや、梱包資材を調達するなど、様々な困難が存在するものですが、引越しプランを使用してしまえばそのようなことはありません。同じ料金でもより良いサービスを受けることのできる引越し業者に見積もりを依頼することが重要です。

単身パックを徹底比較【一人暮らしの引越しに便利なのはどれ?】

1万円以下での料金で引越しが可能なのが赤帽

w56dt-912x1024
赤帽が通常の引越し業者よりも単身などの小規模な引越しの際に重宝される理由といえば、なんと言っても料金の安さにあります。通常の引越し業者に引越しを依頼した場合、単身などの小規模な引越しであったとしても、業務用に使用している大型のトラックを使用して引越し作業にあたらなくてはなりません。

そうなると大型のトラックを動かすためのガソリンも高く支払うことになるほか、運転する人にも大型車の運転のような専門的な技術を伴うようになるため、より価格が高いものとなってしまいます。しかし、赤帽を利用した引越しの場合には、使用される自動車は軽トラック1台のみである場合が多いため、それだけ自動車を扱うための費用が少なくなるということが、赤帽が格安で引越しを行うことができる最大の理由です。

赤帽と一言で言っても、その料金設定には各地で特色が存在しており、どのような料金で利用できるのかには、ある程度の差がありますが、基本的には軽トラック1台で1万少々の価格で赤帽の引越しサービスを利用することができるというのが最も一般的です。さらに多くの赤帽で条件を満たせば、さらに安い料金で利用することが可能になる場合があり、最終的に1万円を切る価格で赤帽の引越しサービスを利用することができる可能性もあります。

1万円以下で利用することのできる引越しサービスは、通常の引越し業者ではまず見ることができないほどの低価格で引越しが実現していることに間違いはありません。自分で作業を行わなくてはならないなど手間のかかる面はある程度存在しますが、格安での引越しを実現する手段として、赤帽は非常に優れた手段であることに違いはありません。

1万円で引越しはできる?~私の実体験~【この方法がありました!】

いろんな人に合わせた引越しが可能なのが赤帽

引っ越し先の部屋で深呼吸する若い女性
赤帽を利用して引越しを行う人の中には様々な境遇の人がいます。そういった人たちは、それぞれが違ったサービスを必要としており、利用しやすい引越し業者といっても、利用する人にとって内容は大きく変化することになります。

赤帽は基本的に中小規模の運送業者が運営している引越しのためのサービスであるため、現場での細かい融通が利く場合が多く、引越しを依頼した人が、より良い形で利用できるサービスが用意されている場合が多いものです。

引越しを行うための保証の内容が充実しているかどうかでは、赤帽は大手の引越し業者ほど優れたものが用意できませんが、より細かい需要を満たすことで、赤帽は今なお多くの人が利用することのできる引越しサービスとして知られています。

まず赤帽を利用する上で最も多く利用する人がいるであろうものが、単身者や学生のための引越しサービスです。赤帽で使用することのできる貨物自動車は軽トラック1台に限定されることが多いため、赤帽の利用者のほとんどは単身者に限定されてしまいます。その他、単身者の中にはいろいろな希望を持っている人がいるため、そういった人の希望に応えることで、優れた単身引越しの手段として赤帽が利用されるようになっています。

例えば、女性の一人暮らしには何かと不安がつき物ですが、そういったサポートも的確に行ってくれる業者も赤帽の中には少なくはありません。さらに、日常的に介護を必要とするような高齢者の引越しにも、赤帽は力を注いでおり、より多くの人が安心して試用することのできる引越しサービスの一つとして赤帽は大変人気のある事業となっています。

私の実際の単身引越し体験をご紹介します♪

24時間の対応も可能なのが最近の赤帽の引越し事情

Handyman - Transportation
単身引越しのような比較的小規模の引越しであれば、専門の引越し業者のような専門的な技術が無くても、比較的簡単に引越しの作業を進めることができます。その為、小規模の引越しを専門に行うためのサービスが、引越し業者以外の業者の手によって行われているということがたびたび見られます。

その中でも代表的な事業が赤帽といわれる事業であり、昔から単身引越しを安い価格で行うための手段として、多くの人に愛用されてきました。近年では赤帽は、引越し業者以上に様々なサービスを行うようになっており、今まで以上に多くの引越しを希望している人から人気を集めるにいたっています。

近年赤帽が始めた事業として、引越しの時間が24時間対応しているというものがあります。一般的な引越し業者であれば、作業が可能であるのは午前中から始めるものか、午後から始めるものかの二択となってしまうことがほとんどです。そして、多くの人が午前中からの作業を希望している場合が多いため、午前中の予約が密集してしまい、思ったときに引越しの依頼を行うことができないということもたびたび起こります。

対して24時間の作業が可能となっている赤帽ならば、通常の午前中からの作業はもちろんのこと、早朝や深夜からの作業などにも対応しているため、引越しを依頼してくる人のライフスタイルに合わせた引越しが実現することと共に、様々な時間帯で作業を始めることができるため、予約がいっぱいになる可能性も少なくなります。そういった引越しを希望する人の様々なニーズに応えることができるのが赤帽の利点といえます。

1万円で引越しはできる?~私の実体験~【この方法がありました!】

赤帽でも全国各地への引越しが可能!?

引越しを行うための手段として、赤帽は非常に人気のあるものであることに間違いはありませんが、赤帽がこれだけ多くの人から好まれている最大の理由といえば、なんと言っても料金を安く利用することができるという点にあるのではないでしょうか。

その為、赤帽を利用する人の多くは、価格を安く引越しをするためであれば、多少の時間がかかることや、自分自身が作業に参加するような労力を提供することに対して、積極的であるという人も少なくはありません。そういった人たちのために赤帽は、より安く日本全国のどこにいてもそのサービスを利用することができるように様々な工夫を凝らしています。

通常の引越し業者を利用しての引越しを行う際には、多くの荷物を運ぶために、様々な輸送手段が使われることも珍しくありません。それらが料金をより安くするために行われているものであったとしても、結果的に引越し時の手間を増やしてしまうことになり、料金が加算されてしまうということも決して無いとは言い切れません。

対して赤帽を利用した引越しであれば、軽トラック1台と運転手1名でどこまでも作業を行ってくれるという点を売り物にしており、格安料金で地方まで荷物の配達を行ってくれることもあります。他県への移動はもちろんのこと、荷物が届くまでに数日がかかってしまうという条件付ではありますが、離島への配達も請け負っている場合があり、より多くの人に利用しやすい環境が整っています。

こういったサービスは、引越しを行うばかりではなく、一部の荷物を地方へと送りたい人などにも利用されることが多く、使用される頻度の高いものです。

私の実際の単身引越し体験をご紹介します♪

赤帽は家財運びのみでも対応する

引っ越し

赤帽は主に中小規模の経営をしている運送業者によって行われている引越しのためのサービスであり、基本的に軽トラックによって作業が行われるため、単身引越しなどのような比較的小規模の引越しを格安で行うことのできる手段として、大変人気のある事業です。

つまり赤帽は本来運送業を専門に扱っている業者であるため、赤帽を通常の運送業者のような目的で使用することも可能である場合が多く、引越し以外の目的でも様々な場面で赤帽が活躍しています。

例えば、家庭にある大型の家財などを運搬するために赤帽を利用することによって、通常の単身引越しよりも安い価格で家財運びを行うことができるようになります。単身での引越しではなく、家族での引越しなどのような比較的大規模な引越しであっても、大型の家財道具などを赤帽に運搬依頼することによって、どのような引越しを希望する人であっても赤帽を利用することができるようになります。

その他にも、業者によっては運んだ家財道具の設置作業を請け負っている場合もあり、ただの運送業に止まることの無い幅広い作業を行っています。そういった幅広い作業を行うことによって、多くの人が利用しやすい便利な業者として、赤帽は様々な部分で利用されることが多くなります。

さらに、赤帽の最大の利点である価格を下げるということにおいても、家財運びは非常に効果的な方法といえます。単身引越しの場合であっても、引越しのために赤帽を使用すれば多くの場合、1万円以上の価格が必要になりますが、家財運びで赤帽を利用しなおかつ時間の指定を行わなければ、5千円程度の価格で運送を依頼することのできるサービスなども存在しています。

近年の赤帽は4トン車まで使用する!?

akabou02

赤帽といえば、軽トラック1台で引越し作業などを格安で行ってくれる中小規模の運送業者が行っているサービスであるという認識が大変強いものです。

その為、赤帽による引越しサービスは、単身での引越しなどのような比較的小規模の引越しを行うために、使用されるものというイメージが大変強いものです。しかし、近年の赤帽には4トン車などのような大型の貨物自動車が導入されているところも多く、より多くの人が気軽に利用することのできる引越しのためのサービスであるという認識が強まっています。

さらに、赤帽による引越しサービスの優れている点としては、軽トラック以外で使用する事のできる大型の貨物自動車の大きさを、ある程度自由に指定できるというところにあります。例えば、軽トラック1台であれば単身者の引越しに最も適している引越しの方法と考えられますが、同じ単身者の中にもより多くの荷物を引越しのために持っていきたいと考えている人もいます。

そういった人のために、1トン車の貨物自動車を使用することになった場合、1トン車は軽トラック2台分の積載量を持っているといわれています。このように自分がどの程度の規模の引越しを希望し、それに見合った積載量のトラックを使用して引越しを行うことができるという点が、近年の赤帽の利点です。

かつては、専ら単身者の引越し手段であると考えられてきた赤帽による引越しも、近年では、大型トラックを導入することによって、家族連れなど様々な人が利用することのできるサービスへと変化しつつあります。

1万円で引越しはできる?~私の実体験~【この方法がありました!】

まとめ
一人暮らしの方が引っ越しをする時には、単身パックを利用するか、赤帽を利用するかなどさまざまな方法があります。もちろん自分ですべてを行うという昔ながらのやり方も近場への引越しであれば可能です。昔であれば引越しを業者に頼むと余計なお金が掛かるということで敬遠をしていたと思います。ですが最近は業者の料金がリーズナブルなものになっていますので、誰かに手伝ってもらって引越しをするよりもむしろお得と言っても良いかもしれません。もしろん荷物自体が少量でマイカーで運べるようなものであるのならば自分で行った方が良いと思いますが、そうでなければ一度は見積もりを見比べてチェックしてみて良いと思いますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

We Areの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

We Areの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Editor

Editor

この人が書いた記事  記事一覧

  • 夏休みの短期アルバイト選びで失敗しないためには

  • 今年の夏こそガッチリ取り組みたい家庭の節電対策

  • 節電対策をまとめてみました。

  • 節電対策にとても有効な便利グッズ

関連記事

  • エアコンの故障かな? 水漏れ、ガス漏れ、異臭、異音について

  • 単身世帯の引越しに便利なサービスの単身パック

  • 引越しするのが初めての人必見!一人暮らしの部屋探しと生活の知識のまとめ

  • キッチン・ダイニングのインテリア~風水・おしゃれ・アジアンテイスト・働くママのためのダイニングキッチン

  • キッチンの収納術

  • デッドスペースを利用した収納術